PLAY〜アイドルイメージビデオレビュー〜【Reprise】

アイドルのイメージビデオのレビューサイトです。

青木裕子/trip/ポニーキャニオン/30分/1997年6月18日発売

f:id:playidol:20210530160303j:plain

f:id:playidol:20210530160310j:plain

 

  【DATA】青木裕子/trip/ポニーキャニオン/30分/1997年6月18日発売

【キャッチコピー】青木裕子だから。この一言に尽きる。

【レビュー】

 フジテレビビジュアルクィーンオブザイヤー96'の作品。
 
ビキニかワンピの2択。
とくにエロいカットや狙っているカットはないのだが、Iカップという驚異のバストを見れるだけでも価値がある。
バストにフィットする水着が無いのか、意図的ではない下乳ショットが何カ所か見られるのは嬉しい。
 
写真集では到底伝えることのできない、裕子自慢のバストを一度は映像で見て欲しい。逆に言うと、青木裕子という素材があったからこそ見れる作品ということも言える。
 
おそらくほかのアイドルだったら全くの駄作になったはず。
 
ちなみにインタビューにて自分のチャームポイントは「小指の爪」とコメントしているところが往生際が悪いと感じた(当然カメラはバスト寄り)。
 
奇しくも同じ年のビジュアルクィーンに選出された黒田美礼もそうだが、彼女は「グラビアアイドル」という自覚のなさ、Iカップのバストを武器にする覚悟ができていなかった故に消えていってしまったアイドルだと思う。
 
全く惜しいの一言である。当時あれだけの人気がありながら、青木裕子のビデオはこの一本のみ。
歌手としてのデビューを控えているという裕子だが、ビデオのインタビューでもギターを練習していると言っていた。

おっぱいを武器にせずに裕子がどこまで頑張れるか、期待したい。

(※このレビューは2009年以前に執筆したものです。)

【主な流れ】

白ビキニ。蜂蜜のようなローションを体中に垂らされる。

白ビキニで屋外シャワー。下乳ショットアリ。

赤ビキニでインタビュー。チャームポイントは小指の爪。

金シルクのワンピ。ワインをこぼされる。屋外バス&シャワー。

水辺でワンピのまま寝転がる。黒ワンピで挑発ポーズ。

【評価】★★★★☆ 

【レビュアー】 PLAY