PLAY〜アイドルイメージビデオレビュー〜【Reprise】

アイドルのイメージビデオのレビューサイトです。

赤坂七恵/Folletta/竹書房45分/1999年11月20日

f:id:playidol:20210318095157g:plain


 【DATA】赤坂七恵/Folletta/竹書房45分/1999年11月20日

【キャッチコピー】微乳も、たまにはいいかも?

【レビュー】

 
 「マツキヨ」のCMにも出てた赤坂七恵の1stV。
これがリリースされたのは99年11月で、同時に出たのは、あの「みなみ」のFBだった。当時の記憶では、この2本から竹作品に変化が起きたように感じた。
ジャケットデザインも一新され、構成もタイトになり、画質も向上。
それまで私は竹Vにあまり良い印象を持っていなかったのだが、みなみFBとこの七恵のVで認識を改めたのでした。
さて、このVのテーマはズバリ「微乳をどう撮るか」。
七恵はすごくスリムだが、同時に胸も小さい。
こういうモデルに対して、「色白肌に黒のビキニ」「ビキニの上にシャツやキャミを一枚羽織らせる」などの工夫を凝らすことで魅力を引き出すことに成功している。
「巨乳の娘でなくとも、セクシーな映像は撮れる」という技術を観て、Vを観た当時は大いに感心したものです。
ノローグ部分も綺麗に撮れていて、エロさは少ないがなかなかの出来。
あと個人的に気に入ったのはオフショット。
ふにゃ声ではしゃぐ姿が可愛かった…でもこの娘、同性に嫌われそうだなぁ。
男性社員のアイドルと化した新人OLって感じで(笑)。
とにかく、こういう「綺麗なイメージビデオ」もたまには良いものです、ハイ。
 
PS.2作目の「feminine」(PC)はインタビューが長過ぎでいただけなかった。
 
やはり綺麗なイメージシーンもあったけど、本作の方がクオリティは上です。

(※このレビューは2009年以前に執筆したものです。)

【主な流れ】

 タイトル。ノースリーブアロハ風ブラウス&ピンクパンツで海岸歩く。

インタビュー。岩場。黒ビキニの上にシースルー白ブラウス。

(白馬)ペンションで撮影~イメージ。モノローグ。

(サイパン)白ビキニ。上にシースルーキャミで歯磨き~果物食べる。ベッドの上で服選び。白ビキニ、下スカートで廊下歩く。赤スカーフ?を上下に巻いて海岸歩く。

(白馬)モノローグ~青ワンピースで海岸(回想シーン)~シャワー。ベッドに横になる。

(サイパン)黒ビキニ。上シースルーオレンジブラウスを着てホースで水撒き。インタビュー。肩出し白ワンピースで庭を歩く。

黒ビキニに上Yシャツでイメージ。スタッフロール~オフショット。

【評価】★★★☆☆ 

【レビュアー】 vibeon!