PLAY〜アイドルイメージビデオレビュー〜【Reprise】

アイドルのイメージビデオのレビューサイトです。

安西ひろ子/NO.1美少女アイドル/笠倉出版/45分/1997年6月

f:id:playidol:20210318095157g:plain

 

 【DATA】安西ひろ子/NO.1美少女アイドル/笠倉出版/45分/1997年6月

【キャッチコピー】前原久也&鯨井康雄、超獣コンビの宴

【レビュー】

 フォトグラファー、鯨井康雄がビデオカメラを担いで撮影に挑んだと思われる異色作。
まだ黒髪、10代の安西ひろ子を偏執的なまでの長まわしショットでビキニで寝そべる姿(5分)、水中カメラで胴体、下半身(4分)、シャワー水責め(8分)を撮り続けるという、アイドル撮影に許された範囲のボーダー、「男のロマンの限界」に挑んだ男の「性なる咆哮」の記録 なもんだからこれを支持しないわけにはいかないのである。 ビキニ姿の安西ひろ子をプールに沈め、「水中カメラで追い掛け回す」という、「大富豪のオヤジが囲った女を庭のプールに連れて遊んでる気分」になれるこの男冥利につきるシーンでは、水中で後ろ走りして逃げる安西のビキニのブラのひもが、走るたびにゆるんでいき、ブラ自体もズレまくるもんだからもう大変なんである。
ズレたビキニのブラを修正してるところもまたスバラシク「乳輪!」と思えば明らかにそう「信じたい」場面も水中カメラでしっかりとらえてるんだから私は鯨井康雄に足を向けて寝れないんである。
安西がビキニでビーチチェアで寝そべるシーンをなめるように撮る・・・こういったイメージビデオ定番中の定番シーンは通常5、6秒の長さが関の山なんだが、それを5分間も続けるという暴挙にでたもんだから私もたまげたもんです。
この長丁場で間が持たなくなった安西が一瞬苦笑いしているところがまたこちらの「コケイン」を刺激して、もうたまらないったらありゃしないんである。マジで。
安西ひろ子・・・彼女は浜崎あゆみのパクリだとか、成人式に2回も出席したとか、デートクラブ嬢疑惑、で止まってりゃあいいものを事務所がそれを事実と認めちゃったりとか、なにかとお騒がせなんではあるが、私は断然彼女を支持したい次第なんである。
 
この作品にあるように1997年の時点で「金太郎キャミ」を着るという「ファッションリーダー」ぶりを発揮したり、現在の「格闘技ブームを予見」するかのように柔道で鍛えたたくましい肢体を披露してくれたりしてるんだからもうここまできたら「浜崎のほうがニセもの」ということでいいと思うんだが。
 
しかし、このお騒がせな彼女を見事に料理した製作者である プロデューサー&ディレクター > 前原久也 フォトグラファー&ディレクター> 鯨井康雄 プランニング >前原久也&鯨井康雄 の2人は、素晴らしすぎてなんとも言いようがないんだが、この「プランニング」という部門になんか幻想をかきたてられるんですなあ。
 
なんか悪の結託というか、竹内力哀川翔が「DEAD OR ALIVE 」で競演したときのような下品な・・・・ わけのわからん例えになったが。
要するに、製作者は、思いっきりスケベな「漢」でないといかん、とわたしは確信している次第なのである。

(※このレビューは2009年以前に執筆したものです。)

【主な流れ】

 オープニング バス停で佇む(ミニ制服)
・ホテルの部屋(白キャミ)
・屋外撮影(黄、水色、柄ビキニ)※バナナ食いあり
・ホテルの部屋(白セパレートタンクトップ、短パン)鏡に並べた黄、ピンクのビキニに順番に着がえだす。※もちろん着がえ後の姿のみ。
・ホテルのプールサイド(ピンクビキニの上に白Tシャツにジーンズ短パン)で、Tシャツ、短パン脱いでビキニ姿に。
・プールで水中撮影。カメラマンと正面向きあったまま追いかけっこ。カメラはずっと水中撮影(約4分間)。…安西が後退しながら逃げてる姿、という表現が適切でしょう。水中平泳ぎ股間狙いもあり。
・ビーチチェアで寝そべる(ピンクビキニ)安西をなめるように撮る(約5分間)
・シャワー(青ビキニ)
・再びシャワー(白ビキニ)・・・水しぶきの放水という方が近い表現(約8分間)。
・レストランで「カレー」を食う。カメラ安西にぶつかるくらいに顔を接写(ヘソ出し金太郎キャミ)。
・ビーチ(ヘソ出し金太郎キャミ)
・ホテルの部屋。ベッドでうつぶせで手紙を書く。(白セパレートのタンクトップ、短パン)
 エンディング 原宿(?)雑踏の中歩く。(ミニ制服)
※オープニング、エンディングシーンのみモノクロ。

【評価】★★★★

【レビュアー】 紺野ドラゴン