PLAY〜アイドルイメージビデオレビュー〜【Reprise】

アイドルのイメージビデオのレビューサイトです。

井川遥/Mermaid/ポニーキャニオン/40分/2001年12月5日発売

Mermaid 井川遥 [DVD]

   【DATA】井川遥/Mermaid/ポニーキャニオン/40分/2001年12月5日発売

【キャッチコピー】極北から、さらに北へ…(バリ島ロケですが)。

【レビュー】

  本作は前作「IMAJINE」同様、写真集とリンクさせた内容である(今回は「月刊井川遥SPECIAL」)。
演出に映画監督・瀬々敬久を起用したことで「イメージ」化がさらに進んでいるのだが、「映像作品」としてのクオリティは非常に高い。これをイメージVとしてリリースする前に、例えば「井川遥のバリ島紀行」という感じでTV番組として放映したら今以上に話題を呼んでいたかもしれない。
内容は裏パケにもあるように、バリ島を舞台に虚構の遥と現実の遥が交互に現れ、やがて一つに交錯し…ということで、決して目新しいテーマではないが《彼女》が語る「人魚伝説」と《遥》がインタビューで喋る愛や死生観についてのコメントが微妙にクロスしていて、文字通り「虚構と現実が複雑に絡み合った」構成になっている。
このインタビューも結構重要で、これらのコメントあるいは遥のややハスキーな声を聴くことで遥の「人となり」が伝わってきて、ビジュアルと重なることで生身の遥を感じることが出来るのだ。
また「人魚伝説」の朗読も遥の物憂げな表情とオーバーラップして切なさを喚起させてくれる。また、Vを通して観てみると、間の取り方がゆったりしていて、音/音楽も非常に繊細なセレクトがなされていることに気付く。
もともとPC作品は音楽の使い方には定評があるが、今回もガムランや水(波やシャワー、雨など)の音、街中の自然音(雑踏のざわめき、車やバイクが走る音)、そして遥の肉声を効果的に取り入れていて、聴き心地がとても良い。「遥=癒し系」という一過性のフレーズでなく、スタッフは本気で遥を素材にした「ヒーリングビデオ」を作っているのではないかと思った。
実際、何も考えずにボーッと観ていても(または音だけ聴いてもOK)、本当に気持ち良い。映像も綺麗で、安易なエフェクトなどは一切無し。水着姿こそ少ないものの、遥の「美味しいパーツ」をさりげなく捉えたショットが多い。露になった背中をマッサージされるシーン(最高!)を筆頭に、シャワーを浴びる脚、ダンスのときの肩から二の腕、それに全編にわたって登場するグレーのワンピースや、白レース製ワンピース姿でうっすらと見えるボディライン…遥特有の「ほのかなエロティシズム」を堪能できる。
このVを観て、井川遥グラビアモデルとしては非常に異質で、貴重な存在だということを改めて認識した。小池栄子やCC浜野裕子のような分かり易いセクシーさは少ないが、遥は「普通の女性が自然に持っている女らしさ」を多分に感じさせてくれる。それがまた逆に「エロ」なのだ。
水着でなくとも普段着(浴衣やエプロン姿なんかいいかも?)でも十分に「魅せる」ことができるのは彼女だけだろう。本作はまさに遥でなければ撮れない作品だったのではないかと思う。
正直、もっと水着姿を撮ってほしかったとは思うし、構成・脚本にもう少し練り込みがあれば…という不満点も無くはないが、現時点のイメージV界では最高のクオリティを誇る作品だと思う。
決して「万人向け」ではないが、遥を好きな人は是非観てほしい。観るときには時間に余裕を持って、早送りせずに。

(※このレビューは2009年以前に執筆したものです。)

【主な流れ】

路上。バリの民俗衣装を着た遥が跪いて祈る―タイトル―「月刊井川遥SPECIAL」の撮影風景(グレー?のワンピースを着たまま泥の河に入っている)。

室内。背中が露わな状態でクリームを塗られ、タイ式マッサージを受けながらインタビュー。花びらの入ったバスに浸かる。

《彼女についての物語=以下A》バリ島の町を歩く~「人魚伝説」を朗読。

《遥についての物語=以下B》顔アップの状態でインタビュー。笛を吹く。町を歩く。祭壇に祈り、耳に花を飾る。

《A》…白ワンピースを着たまま、脚にシャワーを浴びる。鏡の前、ベッドに仰向け。海岸。白レース製ワンピース姿(下に水着?)で佇む。「人魚伝説」のナレーション。

《B》…黒タンクトップ・民俗衣装風スカートを着て、「レゴンダンス」のレッスンを受ける。遥が子供に話を聞く。

《A》…祈り―イメージ~ナレーション入る。

《B》…夜。町並に佇む遥。ガムランの音~ナレーション。現地人のダンス、音楽演奏、影絵。

《A》…前出の白レース製ワンピ姿で海岸を歩く。上はベージュ?ビキニ・下は人魚の姿で岩場に佇む。シースルーワンピ~赤キャミ。「人魚伝説」。部屋の前の階段。雨に濡れる。

《B》…グレーワンピで笛。黄ノースリーブ。バリ在住のアーティストに会う。寺院跡?に《A》《B》の遥が重なる。

インタビュー。ダンスの練習。衣装・メイクを施し、一人で踊る。部屋の床に座る。「人魚伝説」。夜のプール。ベージュビキニで背泳ぎ。「人魚伝説」。

夕暮れ~エンドロール。

【評価】★★★★☆

【レビュアー】 vibeon!