PLAY〜アイドルイメージビデオレビュー〜【Reprise】

アイドルのイメージビデオのレビューサイトです。

太田千晶/ha!する/イーネットフロンティア/50分2004年7月28日発売

  
 【DATA】太田千晶/ha!する/イーネットフロンティア/50分2004年7月28日発売

【キャッチコピー】千晶ちゃんを見てあなたもハッスルハッスル!

【レビュー】

  
太田千晶ちゃんは現在19歳。3サイズは88-60-87。映画にも結構出演していて、近々いわまゆや若槻千夏とともに「想色~オモイ・ノ・イロ~」に主演します。ヤンジャン制コレ2002の7upでもありました。
新山千春をふっくらさせた感じ(安めぐみ下平さやかにも似た部分がある)。声はテレ朝の武内絵美アナに似ているのだが、これは好き嫌いが出るのではないだろうか。
・カメラが非常に彼女に近いので瑞々しい千晶ちゃんの体を堪能できる。スタイルは素晴らしいの一言で、水着も全てビキニなので千晶ちゃんの「イイ女っぷり」を楽しめる作りになっている。
・千晶ちゃんの元気な部分がフューチャーされているが、年齢の割りに顔も体も大人っぽいので、醸し出されるセクシーな部分が「元気さ」に削がれてしまっている印象。ただ10代で少女の部分を残していることを考えればこれもありでしょう。
・V全般を通じてよくしゃべってくれていて、彼女の人となりがよくわかる。が、ちょっとウザいと感じる人もいるかもしれない。そういう意味ではもう少しメリハリを利かせたほうが良かったかもしれないが、ファーストVで彼女の事をいろいろ知ってもらいたいという意気込みの表れと考えればこれもありでしょう。
・映像的には千晶ちゃんの胸が中心になっている。特に谷間がポイントとばかりよく映してくれている。千晶ちゃんの胸は形・ボリュームとも素晴らしいのでそれはある意味当然なのだが、彼女はスタイル抜群なので下半身の映像がもう少しあっても良かったように思う(が、それは次作に期待しよう)。
・もし千晶ちゃんが自分の彼女だったら、つまりこれがプライベートVだったら、凄い幸せを感じられるだろう・・・と言うくらい彼女との距離感が近い。そんな訳で私的には星5つなんだけど、ファンではない一般の人が見た場合「武内絵美風のしゃべり」がちょっと煩わしく感じるだろう(ま、そういう人は音を消して見ればよいのです)。
・素材的にセクシー色を強めた方が魅力を増すと思うので、少女から女へと成長を遂げた千晶も見てみたい。そういう意味でも次作は楽しみです(純然たるグラドルではなさそうなので出るまで間があるかもしれませんが、私は待ちますよ)。
・そうそうお勧めシーンを忘れていました。それはchapt5です。水着のシーンもいいですし(特にお尻)下着のシーンもいいです(喋りが一切無いからかもしれませんが)。このchaptさえあれば他は見なくても良いっていうくらいに良いですよ。
評価は星3つにしますが、限りなく4つに近い3つです。

(※このレビューは2009年以前に執筆したものです。)

【主な流れ】

1.オープニング:様々な水着、本人によるVの内容紹介。

2.インタビュー:自己紹介(ビキニ姿だが殆ど顔のアップ)

3.海辺で白地に花の刺繍のされたビキニ。接写で腋の下など。ボトムの面積が小さいので結構ソソる。→プールで白地のビキニ。胸への接写など。〔このchaptでは「星座占い」を千晶ちゃんが延々と続けてくれるのだが、ちょっと耳障り〕

4.ビキニの上にエプロンを着て料理・・・と言ってもリンゴの皮を剥いてフルーツの盛り合わせを作っただけ。その間質問をいくつか受ける。それに答える千晶ちゃん。このあたりデート風のアレンジ。テーブルに座って、彼女が身を乗り出す度にエプロン越しに胸の谷間が強調される(セクシー)。あっち向けほいっで負けたほうがドリアンを食べる罰ゲーム。スタッフ対千晶ちゃんでなかなか決着がつかず(ちょっと長すぎ)。ようやく千晶ちゃんが勝利した・・・と思ったら2回戦開始。「おいおいまたかよ」と突っ込みを入れてしまった。

5.海辺。薄いベージュっぽいビキニ。接写など。→ホテルの部屋。黒い大人っぽい下着の上に黒の薄いカーディガン。カーディガンを脱ぐ。ベッドの上でゴロゴロ。胸の谷間接写。

6.荒涼とした山。タンクトップでダンスを始める(普通のダンス。遠くに人が歩いてたりしてシチュエーション的にはちょっと変)。

7.誕生祝のケーキを持ってスタッフが部屋に入ってくる。ビキニ姿(ボトムにオーガンジーを付けている)でベッドで寝ていた千晶は感激(ほんとに嬉しそう。ちなみに撮影中に19歳になった。おめでとう千晶!)。19歳の抱負を語る。「もしも」の質問に答える(「もしも無人島に3つだけ持っていけるなら」に答えて「火をおこせるもの。妹。ボート」で「それでは1週間以内に死亡ですね」と突っ込まれ「なんで?」「水は?」「水は・・・海水を火とかであぶれば・・・あ、塩しか残らないか」とお茶目な一面も。

8.エンディング:砂浜を疾走する、胸揺れ(ジャケ写のビキニ)。

9。特典1:肝試し。本人撮影(赤外線)。ずっとしゃべりっぱなし。たいして脅されず。

10.特典2:バリの民族衣装を着て民族舞踊を踊る。

11.特典3:黒のビキニでホテルの庭のようなところを歩く。最後の感想など。プールで泳ぎ潜る。水中撮影。

ロケ地はバリ島です。

【評価】☆☆

【レビュアー】 ブラックトラッキー