PLAY〜アイドルイメージビデオレビュー〜【Reprise】

アイドルのイメージビデオのレビューサイトです。

岡元あつこ/yu-waku/ポニーキャニオン/40分

【DATA】岡元あつこ/yu-waku/ポニーキャニオン/40分

【キャッチコピー】上質素材×最高の演出。なのに…?

【レビュー】

  「トゥナイト2」でおなじみの岡元あつこ。セクシー系の彼女の魅力を引き出すべく、優香「to」「be」他の傑作Vを輩出した入船氏がかなり凝った演出をしている。
 
岡元はほぼ全編にわたってランジェリー姿を披露し、なおかつそれを脱いでゆく。
 
前半のスーツを脱ぐシーンは見事で、服や下着だけでなくイヤリングやネックレス、ブレスレットを一つ一つ外してゆくのをBGMを排して撮っていて、乾いた金属音や衣ずれの音がそそる。
 
また、絵の具を体に塗るというウェット&メッシーなシーンもあり、エロティックな演出をこれでもかと盛り込んでいる―――のだが、このVは残念ながら傑作とは言えない。
 
上記の演出があるにもかかわらず、なぜかピンと来るものがない。
 
その最大の理由は岡元の表情だと思う。雄弁なまでに主張するボディとは対照的に、このVでの岡元はやけに表情が乏しい。
 
どのシーンでも一応「物憂げ」で「悩ましい」顔をしてはいるのだが、どれも変わり映えしないのだ。
 
演出に難が有ったのか、岡元がもともとこうなのか…。
 
あと指摘するなら、やや上品に撮りすぎたか。
 
露骨なまでの胸アップとか、えげつないまでのカメラがあってもいいかな、と。更に言えば、これは私観だが「岡元ならこれくらいやって当然」という思いがVを観る前からあって、このVはその想像の範囲を超えられなかった。
 
同じ内容で他のモデル、例えば斎藤陽子がこんなVを出したらもっとインパクトがあったと思うが…。
 
因みに、(演出者には申し訳ないが)エンディングの太陽の下でのビキニ姿の方がずっといい。
 
お姉様系モデルが普通にビキニを着ているのって、意外にエロいんですね。

(※このレビューは2009年以前に執筆したものです。)

【主な流れ】

 アジアの宮殿?の階段。黒キャミソールを着て立つ。

肩ヒモが緩めで横乳見え、後ろを向くとTバックが透けて見える。

部屋。着ている白スーツ、ミニスカートを脱ぎ、ランジェリー姿に。

アクセサリーを外す。ソファーに横たわり、黒ヒール、ストッキング左、右、ガーターベルトを脱ぎ、黒ブラのホックを外す。

階段。赤ランジェリーブラ&パンティ。

部屋の入り口に立ち、男物Yシャツのボタン外す。上ノーブラ、下黒パンツ。

谷間・横乳露わに。

窓。赤シースルーシャツに黒ランジェリー。

夜の部屋。ベットに青ブラ・レザーのスカートで横になり、泣く演技。

ピンクのレースに囲まれたベッド。黒レースのボディスーツ風?ランジェリー。

浴室。黄色シャツに白ブラ&パンティ。絵の具を体に塗る。

赤・青・緑・黄・白の順に塗り、シャワーで洗い流す。

スタッフロール~金ビキニ。ピンク光沢素材のワンピース。

トロピカル模様ビキニ。

シースルーキャミ?の下に黄ビキニ、プールで背泳。撮

影オフショット。

【評価】☆☆

【レビュアー】 vibeon!