PLAY〜アイドルイメージビデオレビュー〜【Reprise】

アイドルのイメージビデオのレビューサイトです。

和希沙也/selfish/ポニーキャニオン/42+9分/2003年5月21日発売

 

 【DATA】和希沙也/selfish/ポニーキャニオン/42+9分/2003年5月21日発売

【キャッチコピー】ミスマガジンに完敗。落日のポニーキャニオンはどこへ行く?

【レビュー】

 デビューV「ミスマガジン2002」が鮮烈な印象を与えてくれた和希沙也の2作目だが、最近すっかり保守的になってしまったポニーキャニオンのおかげで何ともつまらない内容になってしまった。
 
ミスマガジンで爆発した「甘えん坊小動物キャラ」がオフショットでは垣間見えるものの、インタビューは真面目過ぎて面白味に欠け、アイドルビデオなのだから水着ショットとか沙也がはしゃいでるところなどをシンプルに盛り込めば良いのに、イメージショットにしてみたり鏡やシャボン玉のシーンで逆回転などの「映像ごっこ」をやってみたりと主客転倒が甚だしい(主役は映像じゃなくてアイドルだろ?)。
 
確かに新山千春大城美和のVのようにポップな演出が功を奏した例もあるが、それは構成のバランスが良かったりタレントの特性にマッチしていたからなのであって、沙也のように素で遊ばせた方が面白い娘に対してお定まりのイメージショットを多用することに何の意味が有るのだろうか。
 
「王道アイドル路線」であったはずのポニーキャニオンミスマガジンに完敗を喫した事実、また今やユーザー間で「買ってはいけない」メーカーとして真っ先にポニーキャニオンの名前が挙がってしまう現状。
 
制作スタッフの自己満足がいつまでも続くようでは巻き返しは到底覚束ないでしょう。

(※このレビューは2009年以前に執筆したものです。)

【主な流れ】

タイトル~車中~室内。ビキニの上にYシャツでベッドの上。起きて朝食。インタビュー1。

ジープを運転。

海岸。黄色ビキニ。

オフショット1。

森の中。赤ビキニ。

廃墟。麦わら帽子+花柄ノースリーブ。

インタビュー2。黒ビキニで風呂入る。シャボン玉のイメージ。縞模様ビキニ。

オフショット2。

インタビュー3。

夕暮れの海岸。白キャミ。

インタビュー4。

オフショット3。夜のプール。青光沢ビキニ。

特典映像はオフショット。

 

【評価】★★☆☆☆

【レビュアー】 vibeon!