PLAY〜アイドルイメージビデオレビュー〜【Reprise】

アイドルのイメージビデオのレビューサイトです。

果梨/メロンプリン/ぶんか社/60分/2004年5月28日発売

 

  【DATA】果梨/メロンプリン/ぶんか社/60分/2004年5月28日発売

【キャッチコピー】巨乳があるなら着エロに固執する必要無し。

【レビュー】

 言わずと知れた有名出版社であるぶんか社のイメージDVDは、メーカーの性質上写真集に準拠した内容になる傾向が強いが、ハード路線のDeepkissレーベルは多少なりとも特色が出ている。
要するに着エロ路線なわけだが、過去観たいくつかのV(小川すみれ「ランジェリーComplex」2作に小川摩起「好きですか?」や高木加織「Adult19」など)で共通しているのは「ランジェリーとTバックがメインの衣装」「妖しいライティングとセクシーポーズ」「ボディ舐め撮りに時々乳・尻・股間アップが挿入」…といった展開で、着エロVを頻発する新興中小メーカーと比べ多少は品が良く、また写真集を出せるくらいだからタレントもやや名の知れた人も多い。
本作の果梨嬢も小池栄子を思わせる顔と巨乳がエロい女の子である。そんな人がランジェリー、極小ビキニにTバック、乳・尻・股間アップがあるわけだから勿論エロくない筈はない…のだが、やや暗めのライティングとエフェクト(青フィルターをかけたC-2前半、軽めだがC-6,7にも有り)、モデルのボディより衣装・ランジェリーを狙った雰囲気重視で思わせぶりな(表ジャケにあって本編に無いニプレスブラなど、もっと見せてもいいのに見せない)撮り方と肌の露出、それに何と言っても「着エロ」と文字通りの「イメージV」の枠から出てこない演出が観ていてストレスになってきて、果梨のエロボディを存分に堪能するには至らなかった。
連動企画である写真集(こちらにも「ハート型ニプレスブラ」「Tバック尻どアップ」など凄いショットが有るが衣装・セットのカラーリングにゴテゴテ感強し)も併せ、どうにも演出過多・オーバープロデュースなのである。
また特典映像2においてピンクキャミ越しに乳首が浮いてるが、カメラが引いているのでさほどのインパクトは無い(乳首浮きなら1st写真集「SUI-CUP」の方で多く拝める)。最大の武器であるオッパイと肉体のヴォリュームをもっとじっくり、ストレートに撮るべきだったのではないか。
上記の他DVDにしても、個性的と言えたのは小川すみれ「SuperランジェリーComplex」くらいで(乳狙い過多なれど彼女の作品では一番良く出来ている。
 
またKAORI「妄想遊戯」も良作だったが、こちらはいつものA.R.T.PROMOTION制作なので当然作風は異なる)、他のは本作同様「着エロ」という型に嵌めるだけに終わっていて、いずれの作品もあまり評価出来ない。
自前の「商品」をブームという大きな流れからいかに差別化を図るかが勝負になるのだから、メーカーもタレント事務所ももっと頭を使うべき。
 
果梨については、写真集「SUI-CUP」および同メーカーの次作「純生フルーツ」が竹書房着エロVに近い良作だったのでそちらを観ておけばいいでしょう。
 
PS.監督が「KINGDOM」とあったが、これってあのAV監督の人?
 
だとしたら得意とする「主観カメラ・広角レンズ・様々な設定での痴女もの」(春菜まいとの一連の作品は傑作多し)といったアイディアをアイドルVでも活用してほしかった。

(※このレビューは2009年以前に執筆したものです。)

【主な流れ】

1.階段の前。豹柄ビキニ+Tバック(=以下★)。乳アップ・ローアングル~タイトル。

2.浴室?黒縁シルバービキニ★。

3.黒ビスチェ&黒短パン、脱いで赤ブラ&パンティ★。白いシーツの上転がる。

4.ナース衣装+白ストッキング+赤ヒール。座って脚組み換え。上脱いで白ブラ&パンティ。

5.和室で襦袢。脱いで胸と腰にサラシ

6.室内。黒極小ビキニ★の上に全身網タイツ+ヒール。

7.金ビキニ★でシャワー。

8.ベッドの上。黒ランジェリーブラ&パンティ→ブラ外す。

特典映像…(1)ニューヨーク?のホテルの部屋。赤ラメビキニ★。白セパレート式ブラ+黒パンツ→上脱いで手ブラ。

(2)写真集撮影オフショット。トイレでインタビュー(ピンクキャミ越しに乳首が立っている)

【評価】★★★☆☆

【レビュアー】 vibeon!