PLAY〜アイドルイメージビデオレビュー〜【Reprise】

アイドルのイメージビデオのレビューサイトです。

河中麻系/Last Stage/スパークビジョン/68分/2006年12月8日発売

 

  【DATA】河中麻系/Last Stage/スパークビジョン/68分/2006年12月8日発売

【キャッチコピー】お嫁さんにしたいグラドルNO.1

【レビュー】

 
いきなりですが、何コレ????

あらゆる衣装のサイドから何かが、はみ出てる。

何も無いはずの場所に何かが、はみ出てる。

はせまりには無いはずの何かが、はみ出てる。

アレー!!

これは…横乳……。

キュットしまった細くしなやかなウエストに

溢れんばかりの柔らかな胸の曲線。

思わず抱きしめたくなってしまう小さな女の子らしい背中。

そんな魅惑たっぷりの麻系ちゃんの洗練されたしなやかBODY。

はせまり、思わず自分の水着姿と比べてしまいました。

はせまり事で恐縮ですが、

ただいま3rdDVDの撮影日、前日です。

…明日は、はせまりらしく元気(勇気??)出して行こっっ…ポツリ…。

河中麻系ちゃん』と言えば、一見清楚で古風でおしとやかなお嬢さん!!

しかし本編を見るとセクシーな顔あり、可愛い顔あり、そしてインタビューやショートコント的チャプターのトークシーンは「将来はバラドルになりたい!」宣言しているだけあって、独特のしゃべりで元気一杯のパワフル美少女振りを披露しています。

百面相も顔負け。

そんな麻系ちゃんのdvd『Last Stage』

は、どのシーンがどう??

と言うより、前編を通して「河中麻系ワールド」に浸れ、気が付けばエンドロールだったなんて言う1時間。

チャプター13のシーツ巻きは、勿論絶妙です!

戯れるシーツから見え隠れする麻系ちゃんの白い柔肌の危なげなシーンに、はせまりも緊張しながら釘つけでした。

チャプター7の憂いを含む背中だけで語るシーンも最高。

美少女には、沈む夕日がよく似合う!

チャプター5のグラビアで使いまわされていそうな「水辺にて白ビキニ」なんて観光地のPV?を思わせる王道シーンや、チャプター4や12の学ランやエレベーターガールのコスチュームでの、一歩間違えればショートコント的シーンに成りかねない設定さえも画になっていて、捨てチャプターなんて、一つも無し!!!

普段あまりインタビューやオフショットは見ないはせまりですが、チャプター14の車内インタビューも、前髪上げておでこ全開にしている麻系ちゃんのいつもとは違う魅力に見入っているうちに、あっけなく終わっていました。

タイトル通り『LAST』の決意か??

他のグラドルが再現したら、際どい仕上がりになりそうなシーンや、衣装を着ると言うより、麻系ちゃんの柔らかな肌に布を当てるだけと言った感じの、危ういセクシーシーンも盛り沢山なのになぜだか「河中麻系ワールド」では、一環して清潔感たっぷりな仕上がりになるのが、魅力的。

人前でTバック披露しても、水着になっても、お嫁さんにしたい女の子。

老若男女問わず好かれそうなグラドルって珍しいかも。

(※このレビューは2009年以前に執筆したものです。)

【主な流れ】

1. ダイジェスト…赤いビキニで登場し、清楚な外見とは正反対な喋りをいきなり披露!

2. 波打ち際…オープニングと同じ衣装だが、こちらは可憐に登場し、早速美少女振りを発揮。

3. あるサラリーマンの戦い…スーツで登場。ショートコント的下手上手な演技が逆に微笑ましい。

4. ちょいワル…素肌に学ラン1枚で、素肌を見せつけます!

5. NATURE…水辺で白ビキニのグラビア王道シーン

6. sportsしよう!!…海でカメラ相手に暴れまわる麻系ちゃん

7. 6.の続き。こちらは、沈む夕日バックに背中で魅せます。

8. マラソンインタビュー…ニット水着でマラソンしながらのインタビュー

9. In the pool…ブラジリアンビキニでシャワーシーン

10. popcorn…ジャケ写の衣装でpop!cute!sexy!の3拍子

11. afternoon…かなり際どいポーズもしているが、麻系ちゃんがやるとなぜだか清潔感たっぷり。

動きはほとんど無いが、雰囲気で魅了されます。

12. あるエレベーターガールの帰宅後…エレベーターガールの制服のまま帰宅なんて言うありえない設定から始まるショートコント。

時折素の麻系ちゃんが見え隠れ。

13. Roll and Roll…12の続き。

貴方と麻系ちゃんが…???…

14. 車内インタビュー

15. おおおお!!!Tバックで布風ワンピースの麻系ちゃんが…?

16. cue…麻系ちゃんが、真っ赤な口紅とゴールドの衣装で夜の女蝶に?

17. ファンの皆様へ…車内インタビューの続き。

18. エンドロール…オフショットと共に

19.  Photo session…グラドルとして、はせまりお勉強させて頂きました

20. スライドショー

【評価】★★★☆

【レビュアー】 はせまり(長谷真理香