PLAY〜アイドルイメージビデオレビュー〜【Reprise】

アイドルのイメージビデオのレビューサイトです。

北村ひとみ/Melon Chan!(メロンちゃん!)/アクアハウス/本編53分+特典10分/2006年2月15日発売

【DATA】北村ひとみ/Melon Chan!(メロンちゃん!)/アクアハウス/本編53分+特典10分/2006年2月15日発売

【キャッチコピー】前作の教訓全く活かされず、ああ不運のメロンちゃん!

【レビュー】

  シンです、今回は北村ひとみちゃんの2作目です。偶然にも! 1作目の『揺れる想い』と続けてのレビュー(レビュアーはvibeon!さん)となりましたが、前作の反省点が全く改善されておらずむしろさらに酷くなっています。
 
ひとみちゃん自体は見た目も可愛いし(吉田亜咲ちゃんに似てると思うのは俺だけでしょうか?)スタイル抜群だし話し方もしっかりしていて素材としては最高なのに、無駄な演出とカメラワークの悪さが彼女の良さを台無しにしています。
 

 そもそもチャプターリストでは18しかないのに実際は20もある時点で完全に手抜きです。それに意味のないチャプターが多過ぎます。あくまで俺個人としてですが2、7、8、10、14、15、18、19、20はいりませんね、特典も観るべき所はありません。

 

 この作品はジャケットと裏ジャケと封入のブックレットの写真がいいのでかなり期待しただけに落胆も大きかったですね。ひとみちゃんの良さが完全に殺されてしまってます。また乳揺れ、乳寄せ、乳潰し、乳揉みのカットは全くないのでそれらを望む方は観てはいけません。あるのは若干の下乳と横乳だけですから。

 評価は内容だけなら星二つですが、ひとみちゃん自体がとてもいいのと次回作への期待も込めて三つとさせて頂きます。俺は前作の揺れる想いをまだ観ていませんが、おそらくこっちの方が出来は悪いでしょうね。

 ひとみちゃんは吉田亜咲ちゃんに似てる(俺的には)だけに同じ道(監督がダメ)を辿ってしまうのでしょうか? それだけは何としてもさけて欲しいものです。しかし今のままでは残念ながら前途多難と言わざるを得ないでしょう。

“なんでこんないい子なのに、駄作を連発するんだ、アンタ達は!(製作陣の事)”

(※このレビューは2009年以前に執筆したものです。)

【主な流れ】

※この作品は、チャプターメニューと実際のチャプターとは数が違うので実際のチャプターの方を表記しています。それから( )内の数字は各チャプターが始まった時間です。

1.各チャプターのダイジェストです。が、ここで期待をしてはいけません終わってから必ず騙されたと思いますから。少なくとも俺はそうでした(泣)

2.チャプターが変わったのにまだダイジェストが続きます、なんで?(2:13)

3.白い三角ビキニで砂浜を戯れる。しかしカメラワークが悪くてせっかくのJカップバストが全く活かされてません、ひとみちゃんのスタイルが抜群だけにいきなり肩透かしで今後に不安がよぎります。悲しいかなそれは当たってしまうんですけどね……(泣)(4:24)

4.ワイヤータイプのビキニでハンモック、途中からプール、ただそれだけです。見所などなく、さらにカメラワークが最悪でかつ全くヤル気が感じられません(怒)(6:23)

5.黄色い三角ビキニで砂浜を戯れる。しかしここでもカメラワークの悪さに足を引っ張られてしまいます。途中から室内に移動し少しだけ下乳を拝めますが本当に少しだけです、素材の良さを全然活かしきれず台無しにしてます(怒)(8:55)

6.横が大きく開いたワンピースでプール。当然横乳が見られますがカメラの寄りが甘くまたも全てを台無しにしています(怒) (13:16)

7.“北村ひとみ IN SAIPAN”と書かれたキューを持つ、それだけ。何なんだ一体?(15:42)

8.“私は地球環境保全スペシャルエージェントの北村ひとみ。地球は温暖化が進み(長いので省略)サイパンの海岸は守られた!”と説明する。何故かバレーの特訓してるし、なんなんだこれは? 全く持って意味不明です。水着は競泳用なので見る所は皆無です。(16:00)

9.ショッピング その後は何故か上半身裸にエプロンでクッキング。しかしここでもカメラワークの悪さは健在でせっかくの横乳なのに全く効果的に撮れていません、さらにおっぱいからエプロンが全然離れないので両面テープでしでしっかり止めているのがバレバレです。あまりのイライラにもはや料理なんかどうだっていいです(怒)(19:58)

10.ココナッツを二つ抱える、それだけ。下乳が拝めますが時間が短い、たったの20秒ですよ?意味ないでしょう?(24:35)

11.薄い紫のチューブトップで下乳が丸見え。ついにキター!と思ったのもつかの間、ひとみちゃんの動きが激しくさらにそれをカメラが追い切れないので画としては最悪になってしまってます。なんでだろうなんでだろう、なんでだなんでだろう!テツトモ元気かなあ……(24:55)

12.赤い三角ビキニで公園で遊ぶ。布地面積が小さいので一瞬期待させますが、またしてもカメラワークの悪さが全てを台無しにしています。ここまで来るともはやわざとやってるとしか思えませんね(怒)。(27:05)

13.ジャケットの薄いブルーの三角ビキニで写真撮影。このビキニは前で縛るタイプで途中から紐を解いて半分手ブラの様な状態になります、ここまで来てようやくまともなチャプターが来ました。でも時間が短い、“たったの4分ちょっとしかないじゃないか!” アスラン・ザラ(28:33)

14.電話して歯磨き、それだけ。なんじゃこれは?(31:43)

15.インタビュー 特筆すべき所はありません、飛ばしていいでしょう。(33:36)

16.赤で回りが白い三角ビキニでシャワー。せっかくのいい場面なのにまたしても工夫のないカメラワークが全てを台無しにしています。ここまで徹底されると逆に感心すらしてしまいますね。ハーッハッハッハッ!(半分キレ気味)(36:02)

17.ベージュの三角ビキニでベッドでセクシーショット。相変わらずカメラがダメなので見所はありません、しかもエフェクト掛けまくりだし。これは芸術作品なのか?違うだろが!(39:52)

18.キャミかと思ったら水着でした。浜辺歩いてます、あとはどうでもいいです。(39:52)

19.18の続きです。なんでチャプターを分けるのか意味がわかりません。(45:51)

20.ダイジェスト映像をバックにエンドロール、本編は終了です。疲れた…。(48:36)

特典.特典なのにチャプターがあります。1.エイ発見 2.白ビキニ 3.ドッキリ 4.百面相 5.フルーツゲーム 6.インタビュー

TOTAL TIME 10:20

【監督 KYOTA KAWASAKI】北村ひとみ  1985年7月16日生まれ(21才) 埼玉県出身 かに座 A型 身長152 3サイズは上から94(I)、59、94  趣味 ピアノ、フルート  特技 歌

【評価】★☆☆

【レビュアー】 シン・アスカ