PLAY〜アイドルイメージビデオレビュー〜【Reprise】

アイドルのイメージビデオのレビューサイトです。

喜屋武ちあき/Can can!/ジャパンホームビデオ/45分+10分/2004年4月23日発売

【DATA】喜屋武ちあき/Can can!/ジャパンホームビデオ/45分+10分/2004年4月23日発売

【キャッチコピー】この子は伸びそーですよ!

【レビュー】

 ミスマガジン2004のセミファイナリストの16人に選出された喜屋武ちあき。我らが乙葉と同じ事務所のFit所属だそうです。
 
竹書房からファーストDVDのPureSmireが発売されていますが、本作はそれに続く二作目のDVDということになります。
 
彼女、ミスマガのウェブでの写真写りがひどくてちょっとかわいそうな気がしますが、逆にこのCancan!のジャケットはすっごくかわいく撮れていて、映像を見た第一印象は「あれ?」って感じだったのですが(笑)、不思議なことに映像が進むにつれ、どんどんかわいく見えてくるんです。
 
幼いつるっとしたロリフェイスでありながら、ボディの方はというと90センチのGカップ。そのアンバランスさが彼女の魅力の一つでしょう。
 
まだ18歳と言うことでしょっぱなからガンガンと元気いっぱいのちあき!みたいな見せ方をしていくのかと思いきや、簡単なオープニングの後はブルーのワンピで仰向けになりまったりと見せていくという、大人な演出にちょっと意表を突かれた感じです。
 
その後はキャミとちょっと食い込み気味のショートパンツでフェミニンなちあきを見せたかと思えば、次のシーンではロリ好きねらい打ちのお下げに赤のワンピ水着。
 
対応力が高い、いろんな表情を持つちあきの魅力がたくさん詰まった作品ですね。
 
個人的に印象に残ったシーンは、チャプター5のノーブラランジェリーでの朝食シーン。時間的には短いですがユルいランジェリーの隙間から覗く谷間と束縛を逃れた自由度の高いバストの動きがかなりイヤラシク、ついつい何度も繰り返し見てしまいます。
 
それと特典映像。ちあきのクイズに三つ答えると、ちあきがカメラの前で生着替えをしてくれるのですが慣れていないためか、長い時間を掛けて無理矢理着替えさせられているところには若干萌えます(笑)。
 
是非ミスマガにも選ばれてブレイクして欲しいものですね。
 
水着になるのは「恥ずかしい」と言いつつも、なーんかわかっているというか、慣れた感じで期待に応えてくれそうなんですよね。
 
子供っぽい無邪気な笑顔から大人っぽい仕草まで、表情が豊かなところも見ていて飽きないです。この子は伸びそーですよ!

(※このレビューは2009年以前に執筆したものです。)

【主な流れ】

1 ワゴンの後部座席でパーカーとショートパンツを脱ぎ、首掛け式ビキニへ。 飛行機に乗って沖縄へ 白のビキニで砂浜を走る。

2 チェックのシャツでメイク。プロフィール紹介。 ブルーのワンピでベッドに仰向けに寝る。 白のキャミ+イエローのショートパンツで、洗面所の鏡にルージュで落書き。

3 赤のワンピ水着。プールサイドではしゃぐ。屋外でのシャワー。 ピンクの花柄ビキニでベランダへ。ベッドでうつぶせになってお菓子を食べる。

4 ブルーのチェックのビキニ、オレンジのビキニ、イエローのビキニなどで写真撮影。

5 イエローのランジェリー+ブルーのショートパンツで朝食を食べる。 歯磨き。 前出のブルーのワンピースで、シーツにくるまれる。ワンピを脱いでブルーのビキニへ。水玉のビキニで、スプリンクラーと戯れる。 赤ビキニ+デニムのショートパンツでパターゴルフ。

6 ホテルの部屋で日記の紹介。ロケの感想。 ブルーのチューブトップで室内シャワー。泡風呂に入る。 グリーンのビキニでフルーツを食べる。ベッドでごろごろと転がる。 ロケのダイジェスト。エンディング。

7 特典映像 三つのクイズに答えると、生着替えが見れる。黄色いキャミにピンクのスカートから、オープニングの白いビキニへ。かなり手間取りながらビキニを付ける。 カメラに向かって、恋人気分で語りかける。

【評価】★★★

【レビュアー】 PLAY