PLAY〜アイドルイメージビデオレビュー〜【Reprise】

アイドルのイメージビデオのレビューサイトです。

喜屋武ちあき/Puresmile/竹書房/50+9分/2004年1月20日発売

【DATA】喜屋武ちあき/Puresmile/竹書房/50+9分/2004年1月20日発売

【キャッチコピー】純情巨乳不思議ちゃん、恥じらいデビュー!

【レビュー】

  これがデビュー作となる「きゃんちあき」という女の子、清楚な雰囲気(C-6の制服がハマってる!)と折り目正しい受け答えには育ちの良さが感じられ、とても好感が持てる。
「読書好きの女子高生を図書館でスカウトしたのか?」などと変な妄想を抱いてしまった。また、ちあきの持ち前のリズムがゆったりしているせいか、リアクションが天然っぽくなって周囲の笑いを生んだり、スタッフにお願いされて恥ずかしそうにカメラにキス顔をするシーンが何度もあったりして、スタッフに「遊ばれて」いるオフショットも微笑ましい。

爆乳グラビアアイドルが溢れる昨今では、ちあきの胸は凄いインパクトとまでは行かないが(それでもGカップ)、彼女の清楚キャラからすればより「お得感」がある。

またC-2の下乳露出赤三角ビキニを筆頭に胸狙いが顕著で(いちばんヴォリュームを感じるのはC-4あたりか)、カメラだけでなくちあき自身も胸をプールサイドの床や鉄梯子、あるいは木の枝に押し付けたりとかいろいろ頑張っている。

表情はまだグラビア慣れしていないのか、インタビューなどカメラが「引き」のときはぼんやりした感じだが(ジャケ写とか写真集の表紙とかで損している)、アップになると真ん丸の目を輝かせ、ぷっくりほっぺにおちょぼ口が「ハコフグ」みたいですごく可愛くなる(特にC-14)。

更にオイルマッサージでの「体を触られるのはじめてです…」なんて言葉もたまらない。

水着はもちろんのこと、それ以外のシーンでも「女の子」としての魅力を大いに感じた。ジャケ裏のコピーに「水着は恥ずかしいけどがんばりました」とあるが、その健気な頑張りがVから伝わってきて、「また観てみたい」と思わせる娘です(英知の「美少女ソナタ」の雰囲気にもすごく合いそう)。

本作は突出したシーンこそないもののソツの無い丁寧な作りで、彼女の多面的な魅力がしっかり伝わってくる良作であり(と同時に、今後出るVでこれを超える作品はそう簡単には作れないだろう)、Puresmileの中でも松山まみと並んで「萌え度」の高い「愛すべき」作品(彼女のBlogと一緒に観れば萌え度倍増)で、新人アイドルのデビューVとしてこれ以上無いくらい理想的な出来ではないかと思う。

とにかく、本作を観れば喜屋武ちあきの名前がしっかり記憶に残ることは間違いありません。

(※このレビューは2009年以前に執筆したものです。)

【主な流れ】

1.自己紹介~ダイジェスト。
2.海岸。ピッタリ目の赤三角ビキニ(下乳見え)+短ジーンズで走る。岩をバックにポーズ。ローアングル胸アップ。
3.2のビキニで砂浜転がる。谷間アップ。
4.海岸。薄紫色ヒモビキニでポーズ。側転など。
5.バルコニー。赤ワンピでヴァーチャルデート的なトーク。街を歩く。
6.田園の中。ブレザー制服+紺ソックスで歩く。
7.ホテルのプール。ピンク水玉ヒモビキニ。プールサイドに座ってバタ足~水に入る~上半身をプールサイドに乗せる。谷間アップ。
8.ベッドの上。白ニットで上半身立ち。上白・下ハート柄ビキニで外撮り。
9.成田空港・機内でのオフショット。
10.エステ。白タンクトップ脱いでオレンジビキニになりオイルマッサージ(太腿→おなか→胸)。花風呂に入る。
11.ピンクタンクトップ型?ビキニ+デニムスカート。胸を木の枝に乗せる。
12.インタビュー・愛の告白。
13.プール。茶ビキニでプールサイド歩く。鉄梯子を掴んで半分水に入った状態で胸アップ。
14.ベッドの上。胸の膨らみが判る青部屋着(正確な名称不明)で転がる。顔アップ。
15.オフショット。キス顔アップ。
16.お土産屋で買い物。
17.バリの民俗衣装&メイク。
18.白レースのワンピ水着でポーズ。ローアングル。
(DVD映像特典)オフショット&NG集。C-2・3での赤ビキニを入れ直すetc。

【評価】★★★

【レビュアー】 vibeon!