PLAY〜アイドルイメージビデオレビュー〜【Reprise】

アイドルのイメージビデオのレビューサイトです。

黒木なほ/恋のムネ騒ぎ/英知出版/本編55分+メイキング5分/2006年2月10日発売

 

 

【DATA】黒木なほ/恋のムネ騒ぎ/英知出版/本編55分+メイキング5分/2006年2月10日発売

【キャッチコピー】元から騒ぎ娘のやりすぎエロ!

【レビュー】

 元さんまの恋のから騒ぎメンバーだった黒木なほチャン(俺は最近観てないので知りませんでした)が今度は着エロ界にデビュー?
 
 しかしほぼ裸なので着エロと言っていいのか微妙な所です。
 
さらに擬似とはいえパイズリにフェラ、挙句にオナニー(これはマジで)までしてしまうのにはただただ呆然、しばし画面の前で固まってしまいました。
 
俺も今まで200本以上のアイドルビデオ(DVD)を観てきました、しかしこれでは殆どAVですよ。
 
オナニーの時はマジでヘアが見えるし、うっすら濡れたパンティに縦にくっきりと走るマンスジ、着エロの定義などわかりませんが、正直これはやり過ぎでしょう。
 
何よりなほチャン本人が、あまりにもあっけらかんとし過ぎているのにちょっと萎えました。
個人的にはあまり楽しめませんでしたが、逆にハマル人は徹底的にハマルでしょう、とにかく生乳出しまくり(ただしニプレス付き)で限りなくAVに近い事をやっていますから、そういうのが好きな人に限っては。
 
その辺を考慮し今回は☆3つとさせて頂きます。でもなんか彼女はこのままAVに行きそうな気がして仕方ありません。 “アンタ(監督)がなほをこんなにしたのか、観たくなかったのにぃーっ!”

(※このレビューは2009年以前に執筆したものです。)

【主な流れ】

1.オープニング~ご挨拶

スリーサイズ(上から92、60、87)と名前を言って自己紹介、声がかなり低いので正直あまり可愛くない。

2.オッパイぷるぷるキャッチボール

赤いノースリーブで生乳見せまくり、さらに擬似パイズリ有り。ちなみにキャッチボールは一切してません、なんでタイトルがキャッチボールなのか全く持って意味不明。

3.ネコ耳ぷにゅぷにゅオッパイ

タイトル通りネコ耳を付けハート型のピンクのニプレスをしてベッドで戯れる、やたらと乳がアップになったと思ったら今度はオナニーまで始める始末、パンティからはうっすらとヘアがハミ出てさらに剃り後が生々しい、挙げくに濡れて湿るパンティ。これってAVじゃないよね?

4.パックリ&ヌレヌレ裸エプロン

裸に白いエプロンを纏い、ソーセージとバナナで擬似フェラ。音がヌチャヌチャグチュグチュと生々しくてエロい事極まりない。ただちょっと露骨にやりすぎ。

5.OLを大胆に脱ぎ捨てて

OLのスーツ姿から紫の下着になって艶かしいポーズをする。

6.等身大? なほのスベテ

5から続きで全部脱いで裸になる、しかし乳首とヘアはしっかり手で隠してるので意味なし、ポーズもなくただ隠しながら立っているだけ。なんだかな~……

7.恋ムネ。インタビュー

中学の時すでにFカップで男子の視線がいやらしかったなどと語るがいかんせん声の低さは致命的で正直聞くに堪えない、喋りも上手くないので尚更聞くに堪えない、しかも意味なく長い!

8.乳搾りマッサージ

7のインタビューから続いており、またしても上を脱いで上半身裸になり一瞬ドキッ! とするが、しっかりニプレスはしているので一気にテンションが下がる。マッサージとはひたすら自分で自分のおっぱいを揉みまくる事であった、それってマッサージなのか?

9.ベッドで激しく運動

下乳丸見えのノースリーブを着てベッドの上で風船と戯れる、案の定また途中から上半身裸(しっかりニプレス付き)になる。少しはひねって欲しいなあ……

10.ヌレヌレお風呂でマッサージ

ピンクの極端に布面積が少ないワンピース? で入浴、またしてもあっさりとオッパイ丸出し(当然ニプレス有り)で揉みまくり最後にはまたオナニーまで始める始末、しつこい様ですがこれってAVじゃないですよね? 本編はここで終了。

メイキング 特に見せ場なし。本当に単なるメイキング。

監督:Daisuke Akiba

【評価】★★★☆☆

【レビュアー】シン・アスカ