PLAY〜アイドルイメージビデオレビュー〜【Reprise】

アイドルのイメージビデオのレビューサイトです。

酒井若菜/ATLAS/小学館/50分/2001年2月発売

 

f:id:playidol:20210531083550j:plain


 

【DATA】酒井若菜/ATLAS/小学館/50分/2001年2月発売

【キャッチコピー】荒野に巨乳…ただただ殺伐。

【レビュー】

 本作はヤングサンデー特別編集写真集「ATLAS」との連動企画で、「ヤングサンデーV」の第1弾である。
写真集はロケ地がモロッコ、砂漠や古城をバックにビキニ(の上にショールや巻きスカート、民俗衣装を効果的に纏っている)で撮影、というちょっと趣の変わった作品。
 
Cマンは「週刊プレイボーイ」でも若菜を多く撮っている平地勲氏で、若菜のボディは勿論、微妙な表情の動きを巧く捉えていて、なかなか息の合った仕事ぶりを見せている。で本Vは、その写真集のロケを追った「撮影風景もの」。
 
同行したスタッフがDVカメラで撮ったものらしく画質・構成とも粗いし、おまけに背景が砂漠やら城やら道路やらで、勿論DVカメラでは写真のような綺麗な陽光など望めるはずも無く、かなり殺伐とした映像になっている。
 
事前の説明が無ければ「酒井若菜のアフガンレポート」と言っても信じられます(爆)。
 
若菜のビキニは相変わらず良いし、割と珍しい形状の水着も有るのだが(また若菜の普段の行動が窺えるのはやや面白い)映ってる時間は短く、基本的には素人が撮った映像の羅列にすぎない(…あれ?どっかで聞いたなぁこのフレーズ・笑)ので当然そのボディを捉えきるには至っていない。
 
Cマンがアイディアの豊富な平地氏じゃなかったら、更に目も当てられない出来になっていただろう。
 
DVDにはやはり「ヤングサンデー」での雪中でのグラビア撮影とファン限定パーティーを収録したそうだが(私が観たのはVHSなので未見)恐らく前述の映像とさほど変わりは無いと思う。
 
DVDは定価1,980円だが、この内容ではそれでも高い。
 
はっきり言って画像サイトの「おまけ映像」レベルですもの。
 
その後シリーズ化され、比較的メジャーなタレントが多く登場する「ヤンサンV」だが、良い評判をほとんど聞かない理由はこのVを観ればある程度分かります。
 
ここのスタッフはイメージVを単なるノベルティグッズと勘違いしているのではないか。猛省を促したい。

(※このレビューは2009年以前に執筆したものです。)

【主な流れ】

挨拶~タイトル。

モロッコに到着。

海岸で撮影。

茶ビキニにロングスカート。

古城で撮影。深紅シャツに茶スカート、下に黒ビキニ。砂漠。白ブラウスの下に白ビキニ。市場。

黄シャツ姿で猿と戯れる。ホテル?

赤キャミ、黒タンクトップ&短パン、赤ノースリーブ、水色キャミ、ピンクノースリーブ、民俗衣装etc。

車でアトラス山脈越え。

古城。白キャミ。ホテル?の中庭。

黄ビキニ。列車に乗る──未収録ダイジェスト映像。

ピンクビキニ、豹柄ビキニなどあり。

【評価】★★☆☆

【レビュアー】 vibeon!