PLAY〜アイドルイメージビデオレビュー〜【Reprise】

アイドルのイメージビデオのレビューサイトです。

佐藤江梨子/ELLE/竹書房/40分/2001年1月9日発行

 

【DATA】佐藤江梨子/ELLE/竹書房/40分/2001年1月9日発行

【キャッチコピー】コスプレ色が強いと思いきや、実は定番シーンを抑えた秀作。

【レビュー】

 このビデオは2000年の12月に発売された佐藤江梨子の写真集「ELLE」のメイキングビデオである。
この「ELLE」では佐藤江梨子がゲームキャラ、制服にハート型エプロンetc..様々なコスプレに挑戦した写真集。
ちょっとゲームキャラの名前まではわからなかったが、「その手」の人にとっては非常にツボなコスプレなのだろう。
だが、江梨子にはショートウィッグは似合わない。すっごく浮いている。主な流れを見ていただいてもわかるとおり、写真撮影が非常に多いことがわかるだろう。
 
しかしメイキング…、コスプレ…という肩書きを付けられているからと言ってこのビデオを侮ってはいけない。たしかにコスプレもあるが、なんだかんだでやっぱりビキニ姿のほうが多い。
 
18の夏に取られたであろう、この頃の江梨子は若干日焼けしているためなのか、体の艶が非常に良く、綺麗に見える。
 
また、写真撮影のシーンとはいっても、非常に密着度の高いビデオ撮影なのがポイント。
 
通常の写真撮影では遠目から盗撮、または写真撮影をするカメラマンの邪魔にならないようにと、肩身の狭い思いをしながらビデオ撮影をしているという印象を受けるのだが、このビデオではカメラマンとの立場は対等まではいかないまでも、かなりの線で頑張って良い絵を撮ってやろうという意気込みが感じられる。
 
江梨子もそれを受けてか、写真撮影の流れのまま、ビデオ用にとビデオカメラに目線を合わせてくれる。
 
おすすめのシーンはたくさんあるのだが、敢えて選ばせてもらえば後半の赤ビキニでの写真撮影。屋内での撮影なのだが、写真撮影用にと江梨子の全身にはオイルが塗られており、艶やかに光った江梨子のパーフェクトボディが堪能できる。
 
ジャケを見る限りではコスプレ先行と思われがちだが、屋外シャワー、バスシーンなど、アイドルビデオの定番はしっかりと抑えており、非常にバラエティに富んだ内容。
 
秀作です。

(※このレビューは2009年以前に執筆したものです。)

【主な流れ】

ダイジェストシーン。赤いワンピ。

部屋でインタビュー。ブルーの紐ビキニ。

プール、プールサイドでの写真撮影。ピンクのビキニ。

同じく写真撮影。赤の紐ビキニ。おばさんたちに囲まれながらの写真撮影。寝転がっている江梨子を上から撮影。

白ビキニで写真撮影。

ゲームキャラのコスプレで写真撮影。

紺のスカート付きワンピ水着+ソックスローファー。

ジャケ写のコスプレ。インタビュー。

ピンクのビキニで屋外シャワー。

オレンジのチェックワンピでサイクリング。

ブルーのミニスカワンピでポージング。

オレンジのビキニで走る、芝生に寝転がる。

白ビキニ&網のワンピで写真撮影。

インタビュー。

赤ビキニで写真撮影、体にオイルが塗ってある。

カメラに向かってポージング。

ブルーのビキニで同じように写真撮影。バスにつかる。

インタビュー。ブルーのビキニ。大磯ロングビーチでの写真撮影。

赤のワンピース水着で写真撮影。

ピンクのビキニで飛び込み。大きな浮き輪に乗っかりまがらエンディングへ。

【評価】★★★

【レビュアー】 PLAY