PLAY〜アイドルイメージビデオレビュー〜【Reprise】

アイドルのイメージビデオのレビューサイトです。

佐野夏芽/Puresmile/竹書房/49+10分/2004年7月23日発行

Pure Smile 佐野夏芽Pure Smile 佐野夏芽【DATA】佐野夏芽/Puresmile/竹書房/49+10分/2004年7月23日発行

【キャッチコピー】お尻・股間狙いまくり!それでも王道・Puresmile

【レビュー】

 アイドルイメージVには、巨乳を捉えた傑作は数あれど、お尻を徹底して狙った作品は決して多くない。
着エロVならいざ知らず、アイドルの作品となるとこれがなかなか見当たらない。
グラビアアイドル=巨乳というイメージがあるように、やはり胸に魅力が有る(大きさとか形の良さとか)女の子の方が人気も出易いし、顔とセットで撮れるため魅力的な絵を作りやすいこともある。
考えてみたら、巨尻や美尻を売りにするアイドル自体ほとんどいない。そんな状況の中、尻・下半身を効果的かつ魅力的に描写した作品が「王道」Puresmileから出たというのもなかなか面白い話だ。

C-1、C-5(は競泳用水着!)の尻アップ・股間に滴る水から始まって、C-2のローアングルからしゃがませての制服擬似パンチラ、C-4の「凱旋門」、C-7ツイスターゲーム、更にC-8、C-11といずれのチャプターにもこれでもかと言わんばかりの尻・股間アップ連発。通して観ると顔+胸ショットも過不足無く収められていてV全体のバランスは取れているが、尻・股間狙いの方がより大胆でインパクトの強いショットが多い。

それでも着エロVのようなえげつなさは回避され、佐野夏芽をアイドルとしてしっかり撮っているところは『Puresmile』ならでは。

ただ、夏芽の尻および下半身を改めて観ると実は普通サイズで、すごくヴォリュームが有るというわけでもない。

下半身に絶対的な魅力があったからというより、フロント部分(顔・胸)がややパンチに乏しい故、それを逆手にとってこういう撮り方にしたのではないかと思う。かつての安めぐみ『FinalBeauty』と同じように「怪我の功名」的な傑作かと言うべきか(松山まみ『Puresmile』にもこの傾向が見られる)。

むしろ後に出る、胸・お尻・二の腕に太腿・そして表情やムーヴの巧さ…と全局面において抜きんでた魅力を持つ天才アイドル・川村ゆきえを丁寧かつ大胆に捉えたこれも嶋監督の『Reverse』が(緻密さでは本作に一歩譲るものの)この路線の完成型で、本作はそのプロトタイプではないかとも思えるが、それでも制服擬似パンチラや、競泳用水着+競泳用プールの設定作りの細かさなど「竹流」のロリエロな演出は非常に冴えている。

『Reverse』と本作とを比較しても演出・撮影はどちらもハイレベルで、差はタレントの差であると言っていい。星は5に近い4ということにしたが、ヒップおよび下半身には独自な魅力が有ることを(着エロよりも一般性のある手法で)明確に提示したことを大いに評価したい。

後に出る同メーカーの『少女革命』『透明少女』シリーズにも本作と似た手法が伺えることからもその重要性が分かるというもので、アイドルイメージVの指標の一つして記憶すべき逸品である。

05年秋の写真集とDVDに「美尻アイドル」というキャッチコピーが付いた秋山莉奈、彼女のたわわに膨らんだ美巨尻を本作のフォーマットで是非撮影してほしいものだ。

(※このレビューは2009年以前に執筆したものです。)

【主な流れ】

1.屋外。麦藁帽+キャミ。谷間アップ。水色ビキニでシャワー。尻アップ・股間に滴る水。浮き輪持ってプールに入る。プールサイドに上半身乗せる→仰向け。

2.ブレザー制服で道歩く。ローアングルパンチラ(中は白水着)。しゃがんでパン見せ。シャツの前を開けて白水着ブラ見せながら仰向け→スカートめくってパンツも見せる。

3.海岸。帽子+赤縞ビキニで歩く。砂浜にうつ伏せ。乳アップ。

4.ピンクタンクトップ+デニムミニスカで階段上り下り。カメラに尻突き出し(間にトーク挿入)→「凱旋門」式パンツ見せ。

5.競泳用プール。競泳用紺水着(ジャージを上に着るが途中で脱ぐ)。飛び込み台に乗って尻アップ。水に入る→梯子で上る。尻アップに股間に滴る水。プールサイドにうつ伏せ、四つん這い股間アップ。

6.廃墟? 黒ビキニ・上にピンクセーターで走る。

7.緑紐ビキニでツイスターゲーム。尻アップ。

8.ベッドの上。ピンク水玉ビキニでうつ伏せ。前転・横転。顔・胸アップ。股間アップ。

9.ウェイトレス風エプロン+白ビキニ。アイスクリーム食べる。

10.カーキ色チューブトップビキニでマッサージ。胸上部揉まれる。

11.岩場。水色ワンピ水着(サイドがカットされ横乳見える)で尻アップ。うつ伏せ股間アップ。C-1のキャミ~END。

特典映像はオフショット。

【監督:嶋公浩】

【評価】★★★

【レビュアー】vibeon!