PLAY〜アイドルイメージビデオレビュー〜【Reprise】

アイドルのイメージビデオのレビューサイトです。

渋谷えり/本当にデカップ/バウハウス/104分/3990円/2004年12月11日発売

【DATA】渋谷えり/本当にデカップ/バウハウス/104分/3990円/2004年12月11日発売

【キャッチコピー】爆乳だけどマルチタレントとしてもいけそう?

【レビュー】

 爆乳マニアの間ではすでにお馴染みだと思いますが、なんと100センチKカップというロケットバストを持つ渋谷えりちゃんの4作目。
 今作はイメージシーンだけでなく、ドラマシーンが挿入されています。
 
アイドル作品でデートものは定番ですが、単に作品を引き延ばすためだけの退屈なものがけっこう多い。
 
しかしこの作品では逆にこのデートシーンが一つの見どころになっています。
 
ストーリーとしては彼女がデート用の洋服を選ぶところから始まり、一通りのデートを楽しんだ後、最終的にはなんとベッドイン!(もちろん行為のシーンは在りませんがw)、最後に目覚めのコーヒーを飲みながらエンディングという、かなり作り込まれた内容。

 彼女のキャラはひたすらに明るく、まさに「おばかな巨乳娘」という印象ですが、ある意味男の願望をひたすら満たす女を演じています。
 
手始めにチャプター1では自慢のバストサイズをメジャーで測り、はかりでバストの重さを量って「今日もおっぱい調子よ~し!」なんて言ってみたり、彼氏(視聴者)に気に入られようと、かなりきわどい衣装を次々と着てみたり…。
 
彼女の無駄とも思えるハイテンションな振る舞いは好みの分かれるところでしょうが、逆にイメージシーンでは極力セリフを廃して、セクシーなえりちゃんが堪能できます。

 オススメシーンはチャプター7の下乳ばっちりの赤ビキニでのシーン。ローアングルからじっくりと彼女のバストを拝め、さらにTバックを披露してくれています。

 これだけバストが大きいとそこだけに目がいっちゃいますが、特典映像では空手、バレエ、ヒップホップダンスなど、彼女の特技を次々と披露。
 
さらにイメージシーンに挿入された音楽は彼女が作曲するという懲りよう。バストが大きいだけじゃなく、彼女かなりマルチな才能を持っているなあと関心させられました。

(※このレビューは2009年以前に執筆したものです。)

【主な流れ】

1.ベッドで目覚め、メジャーでバストを測る。ブラを外して手ブラ。はかりを使ってバストの重さを量る。チューブトップ、ビキニなど、いろいろな衣装に着替える。乳液でバストをお手入れ。

2.ピンクビキニでV字バランス、柔軟。
3.タイトル。白キャミ+ピンクのミニスカで走る。白の紐ビキニでポーズ。
4.デートの続き、公園の滑り台、遊具ではしゃぐ。ミネラルウォーターを飲む。
5.廃墟。ノーブラ+デニムシャツでバストにミネラルウォーターを垂らす。
6.デートでの食事。バストに食べ物をこぼす。バストにルージュで「スキ」と書いて、胸寄せ。揺らす。
7.下乳全開の赤のエナメル紐ビキニ(Tバック)でポーズ。ローアングルショット。
8.デートで海へ。岩陰でオレンジの紐ビキニに着替え、浅瀬ではしゃぐ。水着でタップダンス。
9.黒のアミアミシースルーのトップスを着て、レストランのテーブルの上で手ブラ。柔軟。
10.海ではしゃぎ、私服が水に濡れてしまう。そこでYシャツに着替える。トロピカルフルーツを食べて、Yシャツを汚してしまう。
11.一枚のスカーフでバストを隠してポーズ。
12.ゆるめのタンクトップに着替え、海でシャツを洗う。
13.泡風呂に入って手ブラ。
14.チャペルで鐘を鳴らす。
15.黒のドレスに着替え、海へ。
16.胸の大きく開いた黒ワンピ。バーカウンターでポーズ。
17.夜の街でダンス。
18.ハダカでシーツを身にまとい、ベッドへ。画面に向かってキス。電気を消して、エンディング。

【評価】★★★

【レビュアー】PLAY