PLAY〜アイドルイメージビデオレビュー〜【Reprise】

アイドルのイメージビデオのレビューサイトです。

鈴木ゆき/ゆき100%/ラインコミュニケーションズ/50分/2006年5月20日発売

【DATA】鈴木ゆき/ゆき100%/ラインコミュニケーションズ/50分/2006年5月20日発売

【キャッチコピー】明るいゆっきー、エッチに成長中!

【レビュー】

 竹書房での大傑作「透明少女」でその名を天下に知らしめた鈴木ゆき
 
1作を挟んで今度はI-ONEに登場。「透明少女」と同じ監督およびスタッフということだが、今回はあの緊張感とは対照的に、晴天のビーチを舞台にした「明るいゆっきー」を全面にフィーチャーした開放感溢れる内容になっている。
 

いきなり制服を脱いで白ビキニにY字&I字バランス&180度開脚、C-4でのランジェリー風衣装での舐め撮り+氷プレイ、「ピンクビキニでフラフープ」のC-7ではローアングル尻・股間狙い、ベージュビキニでバランスボールに乗るC-9、オイルをたっぷりと体に塗るC-15、横乳が覗くノーブラ白タンクトップにお尻のラインがバッチリ分かる短パンでブリッジのC-5、更には制服スカート捲りにビキニブラ紐外しまで披露…と構成はバラエティ豊富ながら、どのショットも的確にゆきを描写。

 王道アイドルDVDメーカー・I-ONEにしては珍しくジャケ写がバックショットになっているが、確かにゆきを四つん這いにするなどしてキュートなお尻を狙ったショットが目立つ。程好く膨らんだお尻と適度に肉感的な太腿のコンビネーションはやはり魅力的で、またCカップの形の良いおっぱいも小さめビキニからはみ出て下乳を頻繁に見せてくれるなど存在感をアピールしている。

 

普段は美少女なのに、笑うとちょっとスケベそうな顔立ちになるのはご愛嬌。トークでの喋り方はふにゃふにゃしてるのに、ポーズを決める所はキッチリ決めてくるし(特にC-8)ふとした表情や身のこなし方から見えるエロスは相変わらず絶品。そうしたゆきの二面性は「ベッドでフリル付き下着風ブラパン」の生々しいエロさと「メガネ&ネコ耳・うさ耳コス」の可愛さを同時に楽しめるC-6に象徴的に描かれている─ランジェリーから萌えアイテムまで、振幅の大きい要素を全て自分のものにしているのは見事としか言いようがない。

 

室内・屋外の使い分け、水着・衣装・小道具も効果的に使用する演出、的確に捉えるカメラは共に冴えていて、全体の完成度は相変わらず高い。本作も本当なら満点でも良いのだが次のソロ作「ゆっきい~、のぃぱあぃ。」(GPミュージアム)は更に進化した傑作になったので、差別化という意味で星4つにしてみた。「アイドル」としての鈴木ゆきをじっくり楽しめるだけでなく、今流行の過激ローティーンDVDなどよりも「女の子の魅力」を堪能出来る貴重な作品である。

(※このレビューは2009年以前に執筆したものです。)

【主な流れ】

1.ダイジェスト。

2.海岸。制服(ブラウス+チェックスカート+ネクタイ)でY字バランス。スカート脱いで白ビキニパンツ、再びY字。上も脱いで白ビキニ(下乳露出)でまたY字→I字。180度開脚。

3.プールサイド。水色ワンピ水着。水かけられる。プールに入る。浮き輪に乗って泳ぐ。

4.ピンクランジェリーブラ+パンツ+黒網タイツ。バスタブに入りシャワーかけられる(体舐め撮り)。氷を口にくわえる→胸の谷間に氷這わせる。

5.海岸。ノーブラ白タンクトップ+グレー短パンで砂遊び。うつ伏せ→ブリッジ。トーク1。水飲み体に水こぼす。

6.ベッド。フリル付き下着風ブラ+パンティ。四つん這いローアングル。メガネ。猫耳。うさ耳で四つん這い尻アップ。

7.ピンクビキニでフラフープ。ローアングル尻アップ下乳露出。柵を使ってバレエの開脚。

8.赤ボディコン。ローアングル尻アップ。脱いで黒紐無しビキニ。人魚ポーズ→四つん這い→転がる。

9.廃墟。ベージュビキニ。ローアングル尻アップ。バランスボールに座る→ブリッジ→うつ伏せ。

10.C-8の黒ビキニに紐を付けたもの。ベッドで風船遊び。

11.アイスキャンディー食べる。

12.トーク2。ピンクビキニ。

13.海岸。C-2の白ビキニ。四つん這いで歩く。尻アップ。ブラ紐外す。

14.C-5の衣装。柱を背にしてポーズetc。

15.デッキチェアに座る。C-9のビキニ(下乳露出)でオイルを脚→腹→胸に塗る。ブラ紐に手を差し込み上乳にも塗る。

16.C-2の制服。スカート捲って白ビキニパンツ見せ。スカート脱ぐ。終わりの挨拶~ENDロール。

17.Tシャツプレゼント応募。特典はオフショット。

【監督:和泉優】

 

【評価】★★★

【レビュアー】vibeon!