PLAY〜アイドルイメージビデオレビュー〜【Reprise】

アイドルのイメージビデオのレビューサイトです。

鈴木繭菓/Baby Powder/OMATA/45分/2004年8月20日発売

【DATA】鈴木繭菓/Baby Powder/OMATA/45分/2004年8月20日発売

【キャッチコピー】さすが女優ちゃん。良いフンイキ持ってます。

【レビュー】

 まさかの復活ですね。2000年に小向美奈子らと共にプチエンジェルに選出されたグラビアアイドル、鈴木繭菓の五枚目となるDVDが前作のヤンサンDVDから約1年振りに発売になりました。まあ、ヤンサンDVDが単なるグラビアのメイキング作品ということを考えると、本格的なイメージDVDは三枚目の「STATICE」以来、実に二年ぶりの作品となるわけです。
 
 ここ数年は「ウルトラマンコスモス」や「渋谷怪談」など、テレビ、映画にて女優として活躍、さらにスペシャゴゴイチ! などバラエティ番組などでも活躍している彼女。
グラビアの道はすっかりと手を引いてしまった感がありますが、まあさすがに女優さんということで表情にバリエーションがあって、すごい良い雰囲気を持ってます。

 作品の構成としては前半に久々の水着をじっくりと見せつけ、中盤から後半にかけては、永遠の女子高生(とはいってももう22歳ですよね?)というイメージよろしく、荒川の路面電車のシーンでセーラー服姿を見ることが出来ます。回想シーンというイメージなのでモノクロですけど。

 もちろん久々のDVD復活なのだから、繭菓ちゃんの水着をずーっと見ていたい! と思う方にはこの作品は若干不向きかも知れないが、安田美沙子の作品同様に、疑似デートのシーンでは思わず顔がゆるんでしまうことでしょう。
 
癒し系アイドルの本領発揮ですね。実際デートシーンはけっこう長めなのですが、彼女のドラマで培った演技力が功を奏してか、通常飛ばしたくなるようなまったりとした流れでも、ストレス無く見ることができるから不思議。通常のグラドル作品ではあり得ないですな。

 ああ、もうこのまま水着がなく終わっていくのかな、と思いきや、デート後のラストチャプターでにさらっと水着姿を披露してくれ、思わずドキッとしてしまう。うん、完全に見透かされてますね(笑)。
 
ということで、着衣シーンは多いけれども、水着シーンにもそれなりに見どころを持たせてくれたと思います。
気合い入れずに、酒でも飲みながらだらーっと垂れ流しながら見るなんてもいいんじゃないですかね(笑)。

(※このレビューは2009年以前に執筆したものです。)

【主な流れ】

1.オープニング
2.ピンクのチェック柄ビキニで海へ。
3.赤のビキニでローラースケート
4.モスグリーンのビキニにトップスで、岩場に座ってのポーズ。
5.前出のピンクビキニで、砂遊び。
6.首掛け式のボーダービキニでパントマイム。
7.ノースリーブ黒×白のワンピで遊園地へ。
8.セーラー服で路面電車に乗る。ピンクのニットとワンピで路面電車に。電車内でインタビュー。
9.前出のノースリーブ黒×白のワンピで雨の中、傘を差して遊園地の池近くでポーズ。
10.前出のピンクのニットとワンピで、動物園へ。
11.白ブラ+ブルーのショーツのビキニでポーズ。
12.メイキング映像。ピンクのビキニで写真撮影。唇のアップ。首掛け式ボーダービキニ、赤ビキニでの写真撮影。
13.エンディング

【評価】★★★☆☆

【レビュアー】PLAY