PLAY〜アイドルイメージビデオレビュー〜【Reprise】

アイドルのイメージビデオのレビューサイトです。

滝沢乃南/あなたと…/ラインコミュニケーションズ/60分/2006年12月15日発売

 

f:id:playidol:20210531083905j:plain


滝沢乃南 あなたと… [DVD]

【DATA】滝沢乃南/あなたと…/ラインコミュニケーションズ/60分/2006年12月15日発売

【キャッチコピー】ノナミンと「みつめて…」監督の奇跡のコラボレーション、再び。

【レビュー】

 近年は作品を発売するたびに色んなところから再評価の声が聞こえてくる滝沢乃南ことノナミン。最近ではドラマ出演、映画主演など、グラビア以外にも活動の場所を広げています。
 
ノナミンは16歳の時、竹書房の『PureSmile』で衝撃デビュー。
しかしすぐに誰もが想像を絶するほど樽化。皆と同様に乃南ちゃんの姿を見た僕もその時は「Nonami is Dead!(乃南は死んだ!)」と叫ばざるを得なかったわけですが、そんなタルノナミン(樽乃南)を救ったのは、アイドルワンから発売されたノナミン4作目となる作品『みつめて…』でした。
 
樽は樽でも絶頂期に比べれば十分納得のできる絶妙なボディ・バランス、清純路線を脱ぎ捨てた露出ぷり、そして「あれからもう、いろいろ経験しちゃったんですね」と勘ぐりたくなるような思わせぶりなセリフ…。
そのどれもが僕にジャストミートした奇跡の作品だったわけですが、そんな作品を演出したのがベテラン監督ののG.A.Cool氏でした。
 
「まるでトラボルタを復活させたタランティーノのようだ!」と、『みつめて…』を見た僕は興奮とともに感心すらしてしまったわけですが、その『みつめて…』を撮ったG.A.Cool氏とノナミンがこの『あなたと…』で再びタッグを組む…。
 
これは期待しないわけにはいかないでしょう。…と、思いっきり前置きが長くなりましたが、『みつめて…』から約2年ぶりとなるこの両者のタッグはどのようなケミストリーを生み出したのでしょうか。
 
今作は「ノナミンと二人で海外旅行」がコンセプト。近年流行りつつある語りかけ演出がノナミンへとの親密感をもたらします。
序盤から期待を持たせる小さめでボディに食い込み気味の赤ビキニ。ノナミンはまるで自分のボディの躍動を楽しむかのようにはしゃぎ回ります。
カメラの目の前でバストを寄せたり、見せつけるかのようにお尻を突き出して砂を払ったり…。 その後に出てくる衣装、ビキニはどれも極小。ノナミンのエッチなボディを十分に際立たせています。
 
また、チャプター9の赤のホルダーネックのワンピース水着では、水着の上からうっすらとニプレスラインが見えるアクシデントも。
残念だったのは、前作『白桃郷』から解禁になったはずのブラはずしがなかったこと(厳密に言えば後半のチャプターであるがうつ伏せ、バックショットのみでブラはずしのアクション自体そのものはない)と、作品を全体で通して見ると、カメラが動きすぎていて画面がうるさく感じてしまったところ。
 
例えば『みつめて…』ではクリーム色のビキニでベッドに仰向け&四つんばいポーズ、前作『白桃郷』では、廃墟でのブラはずしなど…、じっくりとボディ全体をなめ回すようなカットがあればなお良かったんじゃあないかと思います。
 
特に今作一番のポイントであるチャプター11のノーブラワンピのシーンでは、はしゃぎ回るノナミンだけでなく、寝ころんだり四つんばいのノナミンをじっくりたっぷり撮って欲しかった。チャプター11の「二人の時間」ではもうあり得ないぐらいノナミンのバストが暴れまくってくれてそれはそれで見所なのですが、せっかくノーブラなのですから、四つんばいなどで重力に負けたノナミンのバスト、仰向けでまたまた重力に負けたノナミンのバストなんか見てみたかった。
 
ということで、今作は素晴らしいシーン、素晴らしい衣装が満載なのはたしかなんですが、どこかに痒みが残るというか、鑑賞後にいまひとつ満たされなかったのも事実。 もちろん名作『みつめて…』、『白桃郷』と比べてしまうのはあまりにも酷だとは思いますが、どちらにせよ今後発売される全ての滝沢乃南作品は『みつめて…』、『白桃郷』というこの二つの作品を越えられるか? という基準で作品の評価をし続けられることでしょう。
 
ハードルは高いですが、是非とも良作を生み出して行って欲しいと思います。そしてノナミンには、この素晴らしい体型を維持し続けていただきたい!
 
ちなみにチャプター毎のタイトルを決めたのはノナミン自身とのこと。
こういう細かい配慮はファンとしても嬉しいところです。

(※このレビューは2009年以前に執筆したものです。)

【主な流れ】

1.タイトル

2.オープニングダイジェスト。

3.弾む気持ち:赤の紐ビキニで砂浜へ。ジャンプしたり走ったり。バストに砂をつけてゴロゴロと転がる。

4.あなたへの想い:ブラウンのニット地ビキニ。森の中でポーズ。しゃがんだり、四つんばいになったり。

5.あなたのそばに:ジャケ写のピンクの紐ビキニ。岩場でポーズ。バスト寄せ。

6.あなたに満たされて:ブルーのチューブトップ。ベランダでポーズ。バストを柵に乗っけたり。

7.あなたに癒されて:同じチューブトップでバスタブの中でポーズ。寝転がる。

8.あなたの温もり:白地のシースルーワンピでベッドに寝転がる。なぜか涙がこぼれる。

9.全てを感じて:赤のホルダーネックのワンピース水着。水着の中に手を入れる。ニプレスが若干透ける。砂浜でよつんばい。

10.あなたと遠くへ:パープルの紐ビキニ。ベランダでポーズ。「どこか遠くへ行きたいな」。砂浜でポーズ。海に入る。ローアングルショット。

11.二人の時間:クリーム色の胸の開いたキャミソール+グリーンのショーツ。砂浜ではしゃいでバストを揺らす。カメラと追いかけっこ。

12.二人だけの海:オレンジのビキニ+キャミで海へ入る。キャミを脱ぐ。海に入り、ブラの紐をちょっとおろす。

13.あなたを探して:ショートヘアのウィッグ+胸元の開いたワンピース。柵越しの部屋の中でワンピを脱ぎ、黒のブラ+ショーツに。ブラのホックが外された状態でうつ伏せのカットに。半手ブラのバックショット。鏡に向かってキス。「ねえどこにいるの?」

14.醒めない夢:グレーのタンクトップ+ショートパンツでのイメージショットで歌。エンディング。

SPECIAL MOVIE:撮影のメイキングショット。

【監督:G.A.COOL】

【評価】

【レビュアー】PLAY