PLAY〜アイドルイメージビデオレビュー〜【Reprise】

アイドルのイメージビデオのレビューサイトです。

滝沢乃南/見つめて…/ラインコミュニケーションズ/60分/2004年11月20日発売

滝沢乃南 見つめて・・・ [DVD]

【DATA】滝沢乃南/見つめて…/ラインコミュニケーションズ/60分/2004年11月20日発売

【キャッチコピー】パーフェクトノナミン復活の兆し!

【レビュー】

 滝沢乃南ちゃん、“樽化”後の第四作目。アイドル業界に衝撃を与えたデビュー作、『PureSmile』以降、彼女のボディはふくらむ一方でしたが、ようやくこの作品『見つめて…』で沈静化した模様。
 
『ピュア』『ヴィーナス』『Se-女!』はあまりにも太り過ぎちゃっていて見苦しくも思えたのですが、今作のノナミンはまったくそんな感じがしない。
 
不思議と受け入れられるのです。むしろいままでこの体型だったのではないか? と思えるぐらい、自然な体型に見えてしまいます。
 
単なる錯覚でしょうが。 今作の内容はとにかく圧巻の一言。撮影中に19歳の誕生日を迎えたノナミンの吹っ切れっぷりがすごい。
サンドバッグを叩きながら、ストレッチをしながら、そして縄跳びをしながら…と、動きの激しいシーンではとにかくそのIカップのバストを笑顔で揺らしまくり、プールサイドでのお食事シーン、ベッドで四つんばいシーンなど…の落ち着いた場面では、艶めかしい表情を見せつつじっくりと豊満ボディを披露してくれています。
 
他にも全身オイルでのローアングルショット、シャワーシーンでの肩紐外し、カメラに向かってキスなど、作品中に全く隙がない。
 
個人的に一番ツボにはまったのは、カメラに向かっての語りかけ。ベッドに横たわるノナミンが「ねえ、もっと乃南のこと…知りたい?」とか、バスルームのシーンでは「乃南と一緒にお風呂入る? …だーめ」といった、まるでノナミンの隣にでもいるかのような雰囲気を演出してくれるのです。
 
今作は60分で3800円というラインコミュニケーションズの作品にしては高い金額が設定されていますが、無駄にタイムを伸ばして二本構成にするような作品よりも、よっぽど内容的にも価値があると思います
 
それにしても、『パルプ・フィクション』に出演したジョン・トラボルタを復活させたタランティーノのように、今作でノナミンを見事に復活させた監督、G.A.coolという監督の手腕にも拍手を送りたい。
 
この監督の本業は音楽活動の方で、今作のラストシーンでノナミンが歌っている歌にも楽曲提供をしていて、かつては永井流奈の『ファイナルビューティ』の演出も担当したらしい。
 
なるほど、それで往年のアイドルビデオのような素晴らしい空気感を出せるわけだ。 『PureSmile』以降、ノナミンから離れていたファンにも是非見ていただきたい一本。パーフェクトノナミン復活の兆しは近いぞ!

(※このレビューは2009年以前に執筆したものです。)

【主な流れ】

1.
オープニングダイジェスト。
2.
白地の花柄ビキニ。ベッドから起きてベランダで歯磨き。
ビーチボールをふくらませ、プールに入って遊ぶ。プールの中で飛び跳ねる。
3.
黒の首掛け式ビキニでポーズ。階段に上る。そのローアングルショット。よく見るとボディにオイルが塗られている。
4.
イエローのニット地の紐ビキニ。プールサイドでフルーツを食べる。
5.四つんばいポーズで挑発。
黒の胸の開いたトップス+デニムのショートパンツで縄跳び。バストのアップショット。大縄跳び。
6.
ブルーの紐ビキニ。チャイルドプールで遊ぶ。うつぶせになって子供用滑り台でポーズ。バストに水を垂らし、そのバストのアップ。ホースで水をかけられる。
7.
ブルーのタンクトップ+ショートパンツで、サンドバッグを叩く。ミネラルウォーターを飲んで、垂らす。
8.
同じ衣装でストレッチ。うつぶせになって上体そらし。開脚。前屈運動。
9.
室内シャワー。タンクトップの肩紐を一つおろす。
10.
黒のビキニでベッドに座ってインタビュー。19歳の誕生を迎えるにあたっての感想。そのインタビュー中、寝転がって見つめる乃南ちゃんの映像が挿入される。
「ねえ、もっと乃南のこと…知りたい?」
11.
黒ビキニ。スポットライトを浴びながら、ディスコのステージで踊る。
12.
赤のキャミ+スカートでお買い物。
13.
ピンクのビキニで泡風呂に入る。
「乃南と一緒にお風呂入る? …だーめ」
水鉄砲で遊ぶ。
14.
クリーム色のビキニ+カーディガン姿。ベッドに座ってペディキュアを塗る。
カーディガンを脱いで、ベッドに入る。
15.
クリーム色のビキニ。熊のぬいぐるみを抱いて、ベッドの上に座る。
ベッドに仰向けになり…四つんばいポーズでカメラに向かって笑顔。バストのアップ。
16.
インタビュー。撮影を終えて。カメラに向かってキス。
17.
19歳のお誕生会。ケーキの日を消す。ケーキを食べる。
お母さんからの手紙を読んで、感動して号泣。
18.
滝沢乃南作詞による歌。
エンディング。

MAKING
イエローのビキニの本編未収録ショット。写真撮影のメイキングショットなど。

【評価】★★★

【レビュアー】PLAY