PLAY〜アイドルイメージビデオレビュー〜【Reprise】

アイドルのイメージビデオのレビューサイトです。

夏目理緒/水着がいっぱい!・コスっちゃうぞ/竹書房/(水着)46+10分(コス)46+11分/2004年5月23日発売

DVD>夏目理緒の水着いっぱい! (<DVD>)

DVD>夏目理緒のコスっちゃうぞ (<DVD>)

 

【DATA】 夏目理緒/水着がいっぱい!・コスっちゃうぞ/竹書房/(水着)46+10分(コス)46+11分/2004年5月23日発売

【キャッチコピー】夏目史上最大の揺れは本作で。そして「DVD2枚同時発売」の是非は?

【レビュー】

 今回レビューする2作品は竹書房より同時発売されたものだが、レビューの前にここまでの夏目理緒の「映像履歴」を振り返っておこう。
 
デビュー作のPuresmileではJカップの凄乳とスレンダーボディとの差があまりに激しいためVに出てくる水着がどれもフィットせず、まだ撮られることに慣れていない夏目のぎこちなさと相俟って多大な期待に反しチグハグな印象が強かったが、ミスマガジンVとその後2作を経て夏目はだいぶ良い表情や動きが出来るようになってきたし、何より可愛くなってきている。
 
またスタッフサイドにも「夏目シフト」が出来つつあり、「規格外」ボディをどう撮るか、何を着せるかが幾分見えてきたようだ。
そんな中で本2作品は生まれたわけである。 2作各々の見所は以下の通り。まず【水着いっぱい!】、C-2の水色×赤縁ビキニは正面から見ると理緒のおっぱいは普通にビキニに収まっているが、ローアングルだと下乳が露出しているのが分かる珍しい代物。
 
C-6ではローアングルと広角レンズを多用しての下乳露出、そして反復横跳びでは迫力満点の乳揺れを堪能でき、「夏目史上」最強のインパクトが味わえる。
 
更にC-4のワンピ水着とC-7のビキニも谷間・下乳が拝める。
 
続く【コスっちゃうぞ】はC-2キャットウーマンでの四つん這いで垂れ下がるおっぱい、C-5ナース風白ビキニではローアングル・広角レンズを駆使して撮った下乳(薄めの生地を使った白ビキニも併せて良い)がいずれも強烈。
両作とも下乳は花井美里ほどの露出ではないが、たまにしか見せない分「ありがたみ」が違う。
ところで、夏目はこの後も「DVD2枚同時発売」がI-ONEとAIR CONTROLでリリースされ(特に後者は1セットが2枚組120分。それを2巻同時発売というから驚くしかない)、夏目人気の凄さが伺えるが、と同時に「とにかく撮って出せば売れる」という売り手の安易な思惑も見えてくる。
そんな発想だからか、両作を検証してみると結構アラが目立つ。
【水着】ではトークで尺を稼いでいるのがありありだし(トークを入れるなとは言わないが、これでは内容的に冗長過ぎて流れを悪くしている)、またC-3・9なども、ジーンズや蛇柄ビキニなどアイテムを生かし切れず中途半端。
 
【コス】にしても、ハイライトとなった上記シーン以外はC-7・C-9のようにせっかくの乳狙いの詰めが甘かったり、C-3・C-4など衣装がありきたり過ぎてタレントの個性とマッチしていなかったりで演出に疑問が残る。
そして(この後出る「DVD2枚同時発売」全てに言えることだが)長時間収録ということで編集もややルーズになり、全体的に間延びした感は否めない。
 
何と言うか、ヒットシングルも多く収録されているが捨て曲も少なくないアルバムのようで、手放しで絶賛出来ない結果になってしまった。
しかしそれでも3メーカーのうち本作が一番良い出来で、I-ONEのは「はっきりしない」度合いがもっと強かったし、AIR~は画質とかカメラの被写体の捉え方など問題点が多く、何より余りに長時間過ぎた(それ以前にこのV、夏目乳が小さくなってるのが悲しい)。
 
高価な2枚1セットで発売するよりはマシかもしれないが、このパッケージ方法はユーザー泣かせの上に作品のクオリティにも良い影響を与えない
─夏目以外の他タレントで内容が良かったのはI-ONEの熊田曜子くらいか─。
 
巨乳や着エロで飽和状態のアイドルイメージV「バブルの産物」ってやつなのだろうか。両作のベストショットをまとめて1作品にすれば、文句無しの最高傑作になっただろうが…。
 
本作よりも後に出る「ビーチエンジェルズ」(TBS/vap)の方が丁寧かつ的確に乳を捉えていて(この作品での乳揺れは小刻みだが、重量感と生々しさが最高だった)、私なら「ビーチ~」を夏目の代表作に挙げる。
 
何にせよ、巨乳・爆乳アイドルなら誰がどう撮っても傑作になるというわけではない。そのことを教訓とすべきである。

(※このレビューは2009年以前に執筆したものです。)

【主な流れ】

【水着がいっぱい!】

1.海岸。水色×赤縁ビキニで走る・ジャンプ(下乳)。

2.ヴァーチャルデート風トーク(C-5・8・10と続く)。黄タンクトップ+短パンで芝生走る。

3.白ビキニ+ジーンズでベッドの上を転がる。ジーンズ脱いで上下白ビキニに。シーツにくるまる。

4.プールサイド。銀ワンピ水着(谷間部分がファスナー開き)で谷間強調。プールに入る。デッキチェアに横たわる~四つん這い。

5.トーク

6.海岸。赤ホルターネックビキニ。両腕バンザイ状態で伸び(下乳)~反復横跳び~波打ち際走る。

7.プール。レインボー柄ビキニ(下乳)。浮き輪に乗って水に入る。

8.トーク

9.森の中~岩場。蛇柄ビキニで立ちポーズ。

10.トーク(オープンカフェにて)。

11.夕暮れの海岸。黒ワンピ水着。砂浜に寝る~転がる。

特典映像はオフショット。

 

【コスっちゃうぞ】

1.海岸。水色チューブトップ+パレオ。

2.廃屋。キャットウーマン風黒レザービキニ+エナメル手袋&ブーツ。テーブルの上に四つん這い~人魚ポーズ。

3.テニスコート。テニスルック(ミニスカート)でテニス。

4.オープンカフェ。ウェイトレス衣装。

5.廃屋。白ビキニ+ガードルストッキングのナース風衣装(下乳・ローアングル)。

6.ホテルの部屋。女教師風衣装(白ブラウス・黒ミニスカ・黒パンプス・ストッキング・眼鏡)。

7.公園。胸の開いた白×緑ワンピ(ノーブラ)で芝の上に転がる。

8.浴室。ベージュビキニの上にピンクキャミ?で水に濡れる。

9.室内。白ノースリーブ+緑ミニスカ。ソファに座る・ぶどうを食べる。

10.夕暮れの海岸。上に着た襦袢を肩脱ぎ、ノーブラの谷間見える。

特典映像はオフショット。

【評価】★★★★☆

【レビュアー】vibeon!