PLAY〜アイドルイメージビデオレビュー〜【Reprise】

アイドルのイメージビデオのレビューサイトです。

パイレーツ/NEW WORLD/竹書房/45分/2002年9月20日発売

【DATA】パイレーツ/NEW WORLD/竹書房/45分/2002年9月20日発売

【キャッチコピー】新生パイレーツ結成初作品は「親に見せても恥ずかしくないビデオ」

【レビュー】

 宇恵さやかが新メンバーとして加入し、新たなスタートを切ったパイレーツ。
最近ではグラビア活動、バラエティ活動でもあまり見ることがないなあ……と心配していたが、こうしてイメージビデオでめでたく再スタート。
 
竹書房の映像クオリティにはたびたび驚かされるが、今回のパイレーツの作品も非常に映像クオリティ、トータルのクオリティは高い。
 
音楽もドラムンベースブレイクビーツと、イメージビデオらしからぬチョイスで、センスの良さを伺わせる。
 
ただ、それがイメージビデオとして良作であるかというところはまた話が別になってしまう。
 
宣伝では「エロエロユニット」と期待させるキャッチフレーズが書かれていたのだが……、二人のカラミも少なく、落ち着いた印象なのが残念だ。
 
まあ、意図的に前パイレーツで流行語大賞を取った“だっちゅ~の”ポーズも封印し、かつての勢いが無くなってしまった感も否めない。
 
スタッフ的にパイレーツのエロエロ度を引き出せなかったのか、それとも現パイレーツが守りに入ってしまったのか……。
 
この作品を一言で説明したら、「出演している本人が、親に見せても恥ずかしくないビデオ」ってところでしょうか。
 
作品でも浅田はマザコンを公言していたし、そういうところでストッパーが掛かってしまっていたのでしょうか。残念です。
 
ただし、浅田と宇恵のボディは健在。これからさらにエロエロ度を増して活躍してくれることを願います。

(※このレビューは2009年以前に執筆したものです。)

 

【主な流れ】

オープニングダイジェスト。

浅田好未宇恵さやかが銀のビキニで仰向けになり寝転がっているところろをのぞき穴から見ているような設定で、接写。浅田のアップ。

宇恵、胸元にオイルを塗る。浅田が宇恵を撮る。宇恵、黒いビキニでポールをつかってのダンス。同様に浅田も赤ビキニで。浅田、白のワンピで山を散策。

階段に腰を掛ける。ピンクのワンピを着た宇恵にカメラチェンジし、空を見上げる。 宇恵と浅田が交互にカメラを。

浅田が自分の腹をつまんで撮る。浅田、宇恵共に豹柄ビキニを着て、それぞれポージング。宇恵、胸を突き出すような格好で。

浅田、コンクリのブロックの上で仰向けに。 浅田、宇恵の印象を語る。

宇恵と浅田、タンクトップにショートパンツで、部屋でくつろぐ。宇恵、ボトルのドリンクをラッパ飲みし、ソファで寝る。ヒップ、胸元の接写。

宇恵、浅田の印象を語る。浅田、椅子に体育座りし、瓶のドリンクを同じくラッパ飲み。 ラメラメのビキニ(浅田)、ラメのカウボーイスタイル(宇恵)で、薄暗い洞窟らしきところの壁を前にして、ポージング。

金網を挟んで背中越しに座り込む黄色ビキニの浅田と青ビキニの宇恵。首は紐で結ばれており、監禁状態? 金網越しに唇を突き合わせる。

質問コーナー。 丈の短い着物で、けん、けん、ぱ。さらしをあらわにして、扇子を扇ぐ。

質問コーナー2。 浅田、トレンチコートを着て誰かに追われるように走る。下にはジャケ写の白ビキニ。ポージング。宇恵も同じくトレンチコートで誰かに追われるように走る。

トレンチコートの前をはだけさせ、ポージング。

エンディング。

【評価】★★☆☆☆

【レビュアー】PLAY