PLAY〜アイドルイメージビデオレビュー〜【Reprise】

アイドルのイメージビデオのレビューサイトです。

原田麻衣/あいまい/ラインコミュニケーションズ/60分/2007年5月20日発売

DVD>原田麻衣:あいまい (I-ONE)

【DATA】原田麻衣/あいまい/ラインコミュニケーションズ/60分/2007年5月20日発売

【キャッチコピー】うん、たしかに「あいまい」だ。

【レビュー】

 モバイトドットコムのCMや、映画にも出演しているという原田麻衣ちゃん。
 
神戸出身で声楽科卒、特技はピアノとのこと。竹内のぞみといい、ほかにも数名いたと思いますが、音大の学生はグラビアに来る子が何故多いのかが気になります。
 
まあそんなことはどうでもいいんですが。まずこの作品ですが、裏ジャケの写真がまず面白い。山本梓小向美奈子市川由衣吉田亜咲など、写真によっていろんなグラドルに似てるんですよね。
 
じゃあ、実際映像で見たらどうなのか。と思ったら、しょっぱなからものすごい化粧が濃くてやばい。
 
なぜ「ベッドからお目覚めのシーン」からばっちりアイラインな理由を教えて欲しい。
 
そういう部分にもリアリティをちゃんと入れてほしいですよね。
もしかしたらすごく細かなことかもしれませんが、僕はもうしょっぱなからやや引き気味でこの作品を見るようになってしまいました。
 
個人的に好きなシーンはチャプター4のパーカ+ミニスカで、パンチラしながら衣装を脱いで、白の水玉ビキニに着替えるところ。
ここではメイクもそれほど濃くなく(笑)、彼女の柔らかそうなバストもそれなりに堪能できます。
 
それと、オイルシーンが2つ入っているのもポイントが高い。チャプター5では赤のビキニでの定番オイルマッサージ。
胸の谷間から全身に至るまでしっかりもみほぐされちゃっています。そしてチャプター9ではベージュの紐ビキニでセルフオイルマッサージ。
 
チャプター5のオイルマッサージはずっと目をつぶっていただけに、こっちはカメラ目線で自分のボディをなで回してくれるのはうれしいですね。
 
しかし作品を通してみると、やはりキャラと演出がかみ合ってない感じがどうしてもしてしまい残念。
スタイルが好みなだけに余計に残念。
 
そうそう、この作品のタイトルのように、テーマが「あいまい」だったのが悪かったのかもしれないですね。
彼女は現在24歳。
 
グラビアアイドルとしてはわりとお姉さんな方。ちょっと濃いめの化粧と衣装でセクシー路線を狙っているのはわかるのですが、どうもしっくりこない。
 
堀田ゆいかほしのあきのように、年齢が高めでもロリとまではいかないが、かわいらしい路線で攻めた方が当たりだったのではないでしょうか。

(※このレビューは2009年以前に執筆したものです。)

 

【主な流れ】

1.レーベルタイトル。

2.オープニングダイジェスト。

3.ピンクのビキニ+トップスでベッドに寝転がる。トップスを脱いで、シーツにくるまれる。

4.イエローのパーカ+白のスカートで海へ。パーカとスカートを脱いで、白の水玉ビキニに。砂浜に寝転がる。

5.赤のブラ+ショーツでオイルマッサージ。

6.ベージュのチューブトップでシャワーを浴びる。泡を全身に塗って、シャワーで洗い流す。

7.白のワンピ。岩場でポーズ。ワンピを脱いで、白のブラ+ショーツへ。

8.オレンジのビキニでストレッチ。バランスボールに座る。

9.ベージュの紐ビキニで、ボディにベビーローションを垂らされる。ボディにローションを塗る。

10.赤のブラ+パレオ。岩場でポーズ。パレオを脱いで、ショーツに。

11.ビキニ+エプロンでマンゴーを剥く。エプロンを脱いで、パープルのチェック柄ビキニでポーズ。

12.ジャケ写のワンピ水着。プールで泳ぐ。

13.赤のトップス+黒のショーツでベッドに。カメラに語りかけ。ベッドでゴロゴロ。トップスのボタンを外し、胸元を見せる。

14.エンディング。

15.ファンにメッセージ 【監督:Nao Nakakita】

【評価】☆☆

【レビュアー】PLAY