PLAY〜アイドルイメージビデオレビュー〜【Reprise】

アイドルのイメージビデオのレビューサイトです。

範田紗々/妄想メロメロ~ン/Air control/ 本編90分+特典30分/2006年1月22日発売

範田紗々 妄想メロメロ~ン [DVD]

【DATA】範田紗々/妄想メロメロ~ン/Air control/ 本編90分+特典30分/2006年1月22日発売

【キャッチコピー】紗々の魅力にメロメロ~ン、でも実質60分の作品

【レビュー】

 今回は範田紗々(はんだささ)チャンの3rd DVDです。
 
これを観るまで彼女の事は全く知りませんでしたが、本編のチャプター7の時点で完全に紗々チャンの魅力にやられてしまいました、まさにメロメロ~ンです。
 
彼女は1985年生まれの今年で21才ですが、話し方が舌っ足らずで甘え口調のロリ顔なので10代でも通じますね。
 
何より彼女の最大の武器は90センチのIカップバストで露骨な下乳、横乳、ハミ乳こそありませんが、本当に形の良い極上まん丸おっぱいを思う存分堪能出来ます。
 
チャプターが多いので流れを把握するのに多少時間がかかりますが、把握さえしてしまえばあとは観る人の好みで大いに楽しめるでしょう。
 
バストだけじゃなく、彼女のキャラもとても愛らしくてかわいいので観てるとほんわかした気分になれます、今後癒し系として十分やっていけるのではないでしょうか。
 
それからこの作品、本編90分+特典30分の計120分と非常に長いです、特典にチャプターが付いてる作品を初めて観ました。
 
個人的には本編のチャプター16で終わってます、この時点で約60分なので俺的には60分の作品として捉えています。
 
とはいえ紗々チャンは表情がとても豊かで、かつ話し方もしっかりしてるし性格もいいので決してそれ以降が無駄というわけではありません。ただ個人的にはここまでいらないかな、というのが素直な感想です。
 
“お前等待てよ、こんないい子がいるから、みんなメロメロなんじゃないか!” BY カミーユ・ビダン(新約機動戦士戦士Zガンダム 星を継ぐ者 より引用)

(※このレビューは2009年以前に執筆したものです。)

 

【主な流れ】

0.オープニング 赤いホルターネックで波際を戯れて、その後自己紹介(1985年4月18日生まれ、T158、B90、W59、H82)、この作品で3枚目だそうである。

1.緑の水玉ビキニでプールサイドでくつろぐ

2.ジャケットの緑のビキニで廃墟を歩く、カメラワークがせわしく観てて落ち着かない。

3.3色のホルターネックビキニで花の浮かんだプールに入る。

4.インタビュー1 白いビキニでインタビュー、尊敬する人は?と聞かれて”ドライ納豆を考えた人”と答える。紗々チャンは納豆が大好きで毎日必ず食べるそうな、それでねばりのないドライ納豆は凄いというわけです。ほほーっ、中々面白い事を言う子だなと感心。

5.教会の前で水色のビキニの上に透明なブラウスを羽織る、形のいいキレイなバストが最高です。途中から赤いチューブトップに変わりプールで泳ぐ。

6.インタビュー2 オレンジのビキニでインタビュー、好きな食べ物を聞かれて”塩辛、もずく、枝豆、レバ刺し、ユッケ”と答える、親父ギャル?それとボウリングが好きで平均スコアは150から160だそうな、結構うまいじゃないか!

7.プールサイドでバギーに乗って(運転はしない)黒いホルターネックでセクシーポーズ、紗々チャンの動きが少なく、カメラも接写とローアングルを多用するので大きくて形のいい極上おっぱいをじっくりと拝めます、“カメラさんいい仕事してますねえ”BY何でも鑑定団の中島先生。途中から赤いビキニになり森の中を歩くがここは特に見所なし。

8.インタビュー4 紗々チャンは沖縄生まれの横浜育ちだそうで、沖縄には4才までいたそうです。自分で”なんちゃって沖縄人なんです~”って言ってました、ちょっと舌っ足らずな甘え口調の喋り方が、彼女のかわいらしさを倍増させていてとてもいい感じです。

9.青い三角ビキニ(少し小さめ)で駐車場を歩く、逃げる紗々チャンをカメラが追うので画像がブレてイマイチ。途中から正面からのカットになり、また動きもないのでまたしても形のいい極上おっぱいを堪能出来ます、ちょっとだけハミ出てるし。ただ距離がちょっと離れてるのが残念。

10.インタビュー5 独り暮らしがしたーい!と懇願する、もはや何を言ってもただただかわいいです。

11.ジムでトレーニング、ただ残念な事に水着の上に服を着てるのでせっかく胸がアップになっても意味がありません。終了間際にやっと上を脱ぐが時すでに遅し、ああ勿体無い。

12.インタビュー6 自分を動物に例えたら何?という質問に、”イグアナ、トカゲ、爬虫類系が好きなんです”と答えるがあまりにもかわいいので全然オッケーだぜ!って感じ。血液型はA型だが母親がO型なので大雑把だと言ってました、でもそんな事はどうでもいいくらい紗々チャンはひたすらかわいいのです。

13.カラフルなワイヤータイプのビキニでプールサイドで戯れる、動きがスローでカメラは接写の嵐なので、またも形のいいまん丸極上おっぱいが心ゆくまで堪能出来ます。紗々チャンも満面の笑顔で胸寄せなんかしちゃうしもう溜まりません、大満足です。このチャプターはここで終わらずこの後に赤いビキニでカヌーを漕ぎ、白いビキニで岩場でくつろぎ、最後に手ブラまで披露してくれちゃいます。紗々チャン、君はなんていい子なんだ(号泣)。

14.インタビュー7 ずっとグラビアをやりたいと語る、ええもうどうぞやって下さいな、俺はずっと応援するぜ!

15.裏ジャケにもあるオレンジのビキニで林を歩く、水色のビキニで走り回る。ただし画像がかなり悪いので(ハンディカメラ使用か?)、見所はありません、残念。

16.青いビキニで波間で戯れる、動きがあまりないのでじっくり観られます。途中から室内に移り白いビキニでシャワー、今までの元気で活発な感じから一転大人の色気も見せてくれ彼女の新たな魅力を堪能出来ます。

17.インタビュー8 好きな事はとことんやるがそれ以外はダメで続かないと語る、なかなか自分をわかってるなあと感心。

18.屋台巡りで食べ歩き、ロケ地はタイらしい。見かけによらずかなり食べる、しかも長い。

19.3と同じビキニでビリヤードとダーツをする、室内で暗いのとカメラが安定しないので落ち着いて観られません。

20.インタビュー9 恥ずかしかった事は?と聞かれて、“学校で先生の事をパパって言っちゃった事です、キャー!”と答える。“いやあ、かわいいって本当にいいですねえ”水野晴郎調で。

21.ベッドの上でシーツにくるまってゴロゴロする、おそらく下は裸であろう。最後に7の黒いビキニで挨拶しそれまでのダイジェスト映像にエンドロールが被って本編は終了。

監督:宮本稔/白井義彦

 

特典映像:30分もあるので特典なのにチャプターがあります。

1.スタッフと食事

2.インタビュー 趣味はコスプレと答えると何故かナース服が出てきてそれを着る、紗々チャンヤバイくらい似合いすぎです。

3.そのまま船に乗ってさらにナース服のままで潜水までやってしまう紗々チャン、普通に観れば突拍子もない映像が彼女がやると何の違和感もないのが不思議です。尚コスプレ好きな方はここは必見です!

4.パラセイリング

5.飛行場見学

6.飛行場内の資料館の来館者がサインする所にサインを書く。

7.飛行機に乗り込みいざテイクオフ、そしてスカイダイビング!

8.スカイダイビングの続き、一緒に飛んでるカメラマンが大変そう。

9.無事に着地、紗々チャンは高い所が平気らしくダイビングを心底楽しんでいました。

10.プールで水着、ただしカメラが落ち着かないので見所はなし。

【評価】★★★

【レビュアー】シン・アスカ