PLAY〜アイドルイメージビデオレビュー〜【Reprise】

アイドルのイメージビデオのレビューサイトです。

別符かおり/マシュマロ/ジャパンホームビデオ/45分+10分/2004年6月25日発売

【DATA】別符かおり/マシュマロ/ジャパンホームビデオ/45分+10分/2004年6月25日発売

【キャッチコピー】こんな妹がいたら最高ですよ!

【レビュー】

 別府かおり(べっぷっぷ)は85年生まれの19歳。
 
小野真弓をふっくらさせた感じでしょうか。万人受けする可愛らしさ、100人男がいたら99人は可愛いと言うでしょう。
19歳ですがもっと幼く見えます。原田桜怜次原かなと同じレーベルの作品です。
 
さすがに彼女らほどの爆乳感はありませんが、3サイズは87-56-83、サイズも手頃で必要にして十分と言う感じです。
テーマ的にはロリ路線ですね。
 
冒頭やChapt2での制服姿やスク水、Chapt7ではCream的世界が展開します。
 
巨乳派にもChapt3での胸揺れやChapt6での巨乳強調などで十分楽しめます。
 
お勧めシーンはChapt5のセパレート水着、ボディラインがはっきり出てるのと切れ込みはたいしたこと無いのにVゾーンが艶かしく超エロいです。そしてセパレートの胸を開けて放水の水を胸に浴びるシーン。
トップが見えるわけではありませんが、いけないものを見てしまった感がそそります。Chapt6で温泉ぽい海のシーンでの水着姿は、萌えますよー。
 
下着っぽいビキニって言うんですかね、水に浸かると結構ゆるゆる感があるんですよ。言葉で上手く言い表せないんですが、男の劣情感に点火してしまう水着と言う表現で如何でしょう(なんだそりゃ)。
 
また特典映像では3問答えるとスカートの下からビキニボトムを履き、タンクトップの脇からビキニトップを着ける、タンクトップを脱ぐ、スカートを脱ぐと言う展開ですが、水着を整えるシーンは結構萌えます。またバーチャルデートのようなシーンではワンピで胸の谷間を強調するシーンが何度か出てきます。
 
このシーンではべっぷっぷがいろいろ話しかけてくれますが、「あなたが、好きです」なんて言ってくれちゃうんですよ!
 
不満点は(私が買ったのがたまたまだったかもしれませんが)音が飛んでたりする場面が2箇所ほどあった事と特典映像が実際には7分位しかない事、Chapt4は他の‘動’(元気)に対して‘静’(美少女ぶりの堪能)を狙ったんだろうけど、ここはもう少し短くしても良かったように思う。
 
今の彼女を一言で言うなら「こんな妹がいたらいいな」というところでしょう。
このまま成長して20代半ば位になって今よりシャープになった彼女も見てみたい。確かに今はロリ入ってるけどイイ女になりそうな表情などがチラチラ見受けられるんだよね。
 
ちなみにDVDには彼女の写真(はがきサイズ)が封入されており裏に彼女からのメッセージが書いてあるんですが、桜怜や次原のにも入ってたんですかね?
 
なんか手書き感が可愛くてこれもポイントアップしてしまいました。さて評価ですが・・・3.5ってないんですかPLAYさん!
 
4と言うには突き抜ける何かが無かったのは事実。次に期待で3つにすると言う考え方もあるが・・・。でもホント可愛いんですよ!
 
だから彼女の可愛らしさに★1個追加して4つ付けます!(客観的には3.5だと思います)私はまた彼女のVがでたら買いますよ!

(※このレビューは2009年以前に執筆したものです。)

 

【主な流れ】

1オープニング:女子高生の制服(シャツの下はスク水)で海の中→自己紹介→フェリー内の様子→白の帽子、白のワンピで道を歩く(バックで自己紹介)
2はつこい:制服姿で砂浜を走る→ビーチで独り遊び(集合写真の時に使う台を歩くシーンではカメラが下からナマ脚を撮る、さらに台に座ってカメラを見つめるシーンでは風でスカートがめくれる)
3ハッピータイム:自己紹介(衣装はTシャツ、制服の上にパーカー、ビキニの上にパーカーの3パターン)→水色地にハートマークがいっぱいついたビキニの上にパーカーを着た姿でビーチを歩く、パーカーを脱ぐ。ビーチを走ったりビーチボールで遊ぶ。胸を両手で挟んで突き出す。
4ラブレター:和室で物思い→キャミ+短パンで民宿の廊下を歩く、風車を吹く、手紙を書く、寝転んで手紙を読む、廊下で寝る、部屋で風車を手に立つ、etcetc
5夏の思い出:自己紹介→浴衣で堤防を歩く、花火→自己紹介→スク水(写真撮影と休憩中の様子)→私道みたいなところで縞々のセパレート水着(体のラインが出て超エロい!)で歩き回る、ポーズを取る、(外に蛇口がついていて水浴びできるようになっている所で)放水されてる水を、セパレートの胸を大きく開けて胸に水を浴びる→水着の上に白キャミ+水色の透けスカートで岩場を歩く→青のビキニの上にパーカー、青ビキニのみ(やや下チチがハミ)で海に入ったり砂浜で寝そべったり
6しずく:白の可愛らしいビキニ、海辺(一寸温泉ぽい)で水と戯れる(巨乳強調)、うつぶせでヒップの割れ目がくっきり→オフショット(Tシャツの胸のふくらみが眩しい)→自己紹介→夜スタッフと花火
7明日へ:白ビキニの上に透けワンピを着て堤防を歩く→ピンクのビキニの上に網網の服を羽織り胸の前で結ぶ、和室の布団の上でゴロゴロ、網網を脱ぐ→白の可愛らしいビキニ→自己紹介→夜独りで花火→オープニングと同じ制服で海、制服を脱いでスク水→エンディング
特典映像:クイズに答えて生着替え、べっぷっぷとバーチャルデートのようなシーン(女優の勉強かな)

【評価】★★★☆

【レビュアー】ブラックトラッキー