PLAY〜アイドルイメージビデオレビュー〜【Reprise】

アイドルのイメージビデオのレビューサイトです。

松金洋子/Body Scandal/ラインコミュニケーションズ/60分/2006年10月20日発売

松金洋子 Body Scandal-ボディスキャンダル- [DVD]

【DATA】松金洋子/Body Scandal/ラインコミュニケーションズ/60分/2006年10月20日発売

【キャッチコピー】意識的に寄せ、揺れを披露。バストエンペラー、洋子ちゃんの完全復活作!

【レビュー】

 久しぶりですねー、バストエンペラーこと松金洋子ちゃん。DVDーBOXや『集大成』など、ここ最近は過去に収録した作品しかリリースしておらず『Perfect collection 2』が最後の撮り下ろし作品だと考えると、実に約1年半ぶりの新作となります。
 
以前に比べるとかなり痩せたんじゃねーかと言われているヨーコちゃんですが、この作品を見れば彼女のHカップバストは健在だということがわかります。
 
 今作のテーマはずばり“エロ”。むしろこれまでのヨーコちゃんは頑なまでにエロを拒んできた印象があったのですが、完全復活を機にやっと本気を出してくれたようです。
 
今作の特徴、今までの松金作品と違うポイントとしては、バストを揺らしたり、寄せたり、持ち上げたりと、彼女自身がバストに意識を持ってきている点だと思います。
 
例えば、チャプター4のブルーのビキニでは海岸を思いっきり走ってバストを揺らし、チャプター5のベッドシーンでは、カメラ目線で「見て見て」と言わんばかりにバストを寄せて上げ&寄せつぶし。
チャプター6のシャワーシーンではガラス戸にバストを押しつけてつぶし、ブラ紐を外しての半手ブラ状態・・・など、これまでの松金作品では見ることができなかった彼女の積極性が感じられるのです。
 
この積極性こそがこれまでのヨーコちゃんに欠けていた部分であり、そういう意味ではかなり大きな進歩だと言って良いのではないでしょうか。
 
今作での一番の見どころはなんといってもチャプター9のオイルマッサージシーンでしょう。太ももから始まるマッサージは、ヒップ、ブラを外しての背中、そして最終的には仰向けでブラの上から丹念にマッサージされるバスト。
 
マッサージという範疇を越えるぐらい思いっきりバストを揉まれる姿には軽い衝撃すら覚えました。
バストを揉まれている最中、ヨーコちゃんが目を閉じてしまっているのが非常に残念ではありますが、それでもこのシーンはかなり衝撃的でしょう。 …と、久しぶりの新作でかなりチャレンジしてくれたヨーコちゃん。
 
完全復活という言葉は決して伊達ではありません。今後もさらなる彼女なりの“エロ”を追求していって欲しいものです。
 
ちなみに今作の監督はあの上村監督と同じShrine ValleyのメンバーであるYASUNARI MIYATANI。カメラ目線での語りかけこそないものの、絵作りに関しては文句の付けようのない、上質な作品に仕上がっていると思います。
 
今作は、これまで出し惜しみをし続けていたヨーコちゃんに痺れを切らしていた人に是非見てもらいたい作品。彼女がこれからどんな飛躍を見せるのか…、ますます見逃せなくなってきました! 
 
そして完全手ブラの日も近いのか? そんな期待を抱かせる作品でもあります。

(※このレビューは2009年以前に執筆したものです。)

 

【主な流れ】

1.タイトル

2.オープニングダイジェスト。

3.白のビキニ×ミニスカで階段を上がりながらポーズ。四つんばいで階段を上がる。

4.ブルーのビキニで砂浜を走る。カメラと追いかけっこ。四つんばい。

5.ピンクのビキニ+トップスでベッドに寝る。手でバストを寄せる。トップスを半脱ぎ。四つんばい。バスト寄せのローアングルショット。

6.ジャケ写のブルーのビキニ+トップスでシャワールームへ。ガラス越し。バストを押しつける。トップスのヒモを外して半手ブラ状態に。(無音)

7.赤ビキニでホテルのプールに入る。プールサイドに寝転がる。

8.銀の変則的ビキニ。バスルームでポーズ。バスト寄せ、ローアングルショット。股間ショット。股間とバストに水を掛け流す。

9.ブルーのビキニ。ベッドに寝転がってオイルマッサージ。仰向け、うつ伏せで脚、バストマッサージ。

10.パープルのワンピ水着。廃墟でポーズ。床に寝転がる。

11.泡風呂に入る。チューブトップに泡を付けて、立ちポーズ。

12.黒ビキニ+トップス。キャンドルライトに照らされた部屋のベッドで四つんばい。立て膝ポーズ。トップスを脱いでバスト寄せ。

13.金のビキニで夜の海へ。砂浜に横たわる。四つんばい。エンディング。

SPECIAL MOVIE 松金洋子のコメント。視聴者へのメッセージ。

【監督:YASUNARI MIYATANI(Shrine Valley)】

【評価】★★★★☆

【レビュアー】PLAY