PLAY〜アイドルイメージビデオレビュー〜【Reprise】

アイドルのイメージビデオのレビューサイトです。

momo/PRISM/英知出版/50分/2001年10月20日発売

 

Momo 19歳:Prism (<VHS>)

 

【DATA】momo/PRISM/英知出版/50分/2001年10月20日発売

【キャッチコピー】地味目だけど意外な秀作。momoのフェロモンを堪能しましょう。

【レビュー】

 自作のHPが話題を呼び、「sabra」でグラビアデビューしたmomoのデビューV。momoは香港や台湾の女優のようなエキゾティックな雰囲気、ハスキーな声に落ち着いた物腰でかなり独特のタイプ。そんなルックスに似合わずインタビューではバイクマニアであることを話していて(作業服着てバイク修理しているところを撮ったポラも登場)、この辺のギャップも面白い。
 
 ボディはパケでご覧の通りスレンダーだが、冒頭の赤ビキニのシーンを観ると細い割に胸は程良いサイズだし、おなかや背中、脚などにもうっすらとした肉付きの良さが窺える。赤坂七恵中越典子同様、スレンダー系特有の微妙なセクシーさが魅力的です。

 Vの構成はイメージ・インタビュー・写真集の撮影風景が交互に来る展開になっているが、意外なことに撮影風景のシーンが一番良かった。ここでのカメラは渡辺達生ら撮影スタッフの合間を縫うように「ジーンズのファスナーが外れかかったオヘソの下」や「赤ビキニで浅瀬に浮いたときに濡れた水着が体にピッタリ貼り付いて、より際立って見えるボディライン」などを捉えたショットを撮ってくるのだから油断できない。ここでは水着もかなり多く着ていてなかなかの頑張りを見せている。画面下に流れる字幕スーパーが無ければもっと良かったのだが…。

 イメージショットは水着より着衣が多いが、Tシャツ&ジーンズからキャミまで(背中を大胆に露出した衣装もあり)とこれも幅のあるセレクトで構成にアクセントを効かせている。インタビューが長いのはマイナスだが(低めの声は聴き心地良かったけど)、その他では夕暮れ~夜のバーから街を歩くシーンはしっかり作られているし、映像特典での公園でのオフショットも「まったり」としてはいるがmomoの素が窺えるので悪くない。更に画質も髪の毛一本一本が判別出来るほど良好で、接写も多いため肌の質感や産毛までもがはっきり見えるのが非常に良かった。

 本作はこういったさり気ない所での細かいセンスの良さが随所に光っています。突出したショットが無いので星は3つにしましたが、個人的にはこういうVは好きです。スレンダー好きの方にはマストアイテムになるかもしれません。

(※このレビューは2009年以前に執筆したものです。)

【主な流れ】

海岸。白ワンピース姿で立つ。顔にズーム。タイトル。海岸。赤ビキニで歩く。岩場~砂浜に立つ。
インタビュー(以下☆)1~黄ノースリーブ&スカート。《写真集の撮影風景(以下◎)1~白ビキニ・ベージュブラ&短ジーンズ》街中でオレンジTシャツ&短ジーンズで佇む。
☆2。《◎2~緑・ピンク・赤ビキニ》鏡の前に立つ。
茶ビキニで室内。
☆3。《◎3~紫ノースリーブ・赤キャミ・緑ビキニ・デニム地ビキニ》畑。白ワンピース。路上。
水色キャミ。ベージュのタンクトップでバーカウンターに座る。夕暮れ~夜。緑ノースリーブ&ジーンズで街を歩く。
☆4。《◎4~白ビキニ・黒ビキニ・赤ビキニで水に浮く》チェック柄セパレート型ビキニ。白ビキニ。海岸に寝る。エンドロール。
<DVD映像特典>井の頭公園? 水色タンクトップ&白ロングパンツで犬と散歩。足漕ぎボートに乗る。手漕ぎボートでオールを漕ぐ。ブランコ・ジャングルジムで遊ぶ。

 

【評価】★★★☆☆

【レビュアー】vibeon!