PLAY〜アイドルイメージビデオレビュー〜【Reprise】

アイドルのイメージビデオのレビューサイトです。

八幡えつこ/ファイナル・ビューティー/竹書房/45分/2002年4月19日発売

Final Beauty 八幡えつこ [DVD]

【DATA】八幡えつこ/ファイナル・ビューティー/竹書房/45分/2002年4月19日発売

【キャッチコピー】フェロモンちゃんの骨太ボディ。

【レビュー】

 ガリバーのCMで藤原紀香と共演し話題になったイエローキャブの新人、八幡えつこです。
 
CMでも紀香に負けず劣らずの肩幅の広さを見せつけ、強烈なインパクトを受けた人も多いでしょう。
外見は菊川怜をかなり骨太! にした感じです。
 
かなりのむっちりタイプで、とてもスリムとは呼べませんが、吉田里深、大原かおりのような体系が好きな人にはたまらないでしょうね。
 
水着のセレクトとして、前半の赤ビキニ、プールでの白ワンピなど良いセレクトが多いとは思いますが、せっかくの白水着はプールに入ってしまっているために、じっくりと見ることができず、そこはちょっと消化不良ですね。
 
それでも、水にぷかぷか浮きながらのショットは○でした。
もう一つ残念なのは中盤ベッドでのショット。シーツに隠れるえつこ、かわいいんだけど、やっぱり見ている側としては、じっくりとボディも堪能させてほしいものですね。
 
この作品のオススメポイントは前半の赤ビキニ。ショーツのサイドが紐になっており、布面積もかなり少な目。ローアングルショットが印象的です。
 
さらに自分のパーツ紹介としてバストのサイズを言うシーンでは、自らバストを寄せてくれます。
バストの揺れを楽しみたい方は中盤のテニスシーンを。後半過ぎ、ここがおそらく最大の見せ所だと思うのですが、壁から滴る水に濡れながら、えつこがポージングをするシーン。赤のつややかなリップが印象的なこのシーンでの、バスト、ヒップを突き出してのポージングは最高。
 
表情も非常にいやらしく、さらにローアングルショットも多用。
オトナの魅力を感じさせてくれます。 ただ、さすがにもう22歳という年齢なので、かわいらしさというよりも色気をアピールして欲しかった。
 
MEGUMI曰く、八幡えつこは“フェロモンちゃん”と呼ばれているらしいので、そういう部分をもっともっと見てみたいですね。

(※このレビューは2009年以前に執筆したものです。)

 

【主な流れ】

ダイジェストシーン。赤ビキニで自己紹介。

ピンクの布きれ系チューブトップ+G短パン。象にエサをあげる。象に乗る。

オフショット。水色のビキニで籠状のハンモックに揺られる。

白の肩紐なし、ワンピ水着。プールに入る(水中撮影なし)。ぷかぷかと浮かぶ。

白シャツ+ブルーの短パンでサイクリング。自転車を降り、お散歩。

ミネラルウォーターを飲む。砂浜に寝転がる。オフショット。

グリーンのビキニでベッドでポージング。シーツ、枕、レースのカーテンと戯れる。

インタビュー。白ビキニ+シースルーワンピで草原をお散歩。ポージング。

オレンジのビキニ+白短パン。

インタビュー(中にパープルの紐パンビキニでのイメージシーン)。オフショット。モスグリーンのビキニ+赤紫のドレス。水が滴る壁に寄りかかったりのポージング。

前出の赤ビキニ(横が紐で面積が少な目)でブランコに揺られながらインタビュー。

G短パン+黒のパーカでカートをドライブ。白のキャミ+白のシースルーのスカート。

草原でバレエダンス。インタビュー。将来の自分について。

 

【評価】★★★☆☆

【レビュアー】PLAY