PLAY〜アイドルイメージビデオレビュー〜【Reprise】

アイドルのイメージビデオのレビューサイトです。

山田誉子/Shyness/竹書房/47+5分/2004年7月17日発行

 

【DATA】山田誉子/Shyness/竹書房/47+5分/2004年7月17日発行

【キャッチコピー】さすが30代。すべてをわかった風な表情にやられてしまいます。

【レビュー】

 2003年にCCガールズを卒業し、ソロとして活動を始めた山田誉子のソロとして初となるイメージ作品。
 
2001年にC.C.ガールズデビュー10周年記念として発売された『LOVE after the TENTH/C.C.ガールズ』では、かなりカゲキな水着で僕らを楽しませてくれた誉子ですが、前作は4人全員が出演していた為に誉子単体での映像時間が短く、「もっと誉子がみたい!」という欲求は募るばかりでした。
 
しかし今回このように晴れてソロ作品を発表してくれて、ファンとしては何とも嬉しい限りです。
今作はイメージビデオ老舗の竹書房発売ということもあり、しっかりと安心した作品になっております。
 
全体的には落ち着いた流れではありますが、彼女の自慢であるふくよかなボディを惜しげもなく披露。
 
ショートパレオから覗くTバック、トレンチコートを脱ぐと下は下乳バッチリのミニマムビキニ、裸エプロンから見える横乳etc.チラリズム心をくすぐる衣装が随所に収められており、後半には手ブラまで披露してくれるというサービスぶり。
 
彼女はすでに30overではありますが、年齢を感じさせない美しいボディラインには驚きました。
 
オススメシーンは前半の裸エプロンでソフトクリームを舐めるところ、そして後半のブラウンのミニマムビキニでベッドに寝転がり、バストを寄せながらゴロゴロと寝転がるシーン。
 
じっくりとしっとりと彼女のボディを堪能できることでしょう。
またVHSの特典映像は特典映像と呼ぶにふさわしく、女教師風のブラウスとスリット入りのタイトスカートで挑発、Tバックのランジェリー、肌襦袢を脱いでの手ブラショットなど、こちらも見どころ満載です。
 
唯一残念なところは、ジャケ写のショットがじっくりと見れないことぐらいでしょうか。
実のところ一番注目してほしいのは、ボディももちろんなのですが彼女の絶妙な表情。
真剣にカメラを見つめるまなざし、微妙に開いた口元、そしてすべてを理解し許してくれそうな微笑み。
 
こういった表情にいろいろな経験をしてきた大人にしか出せない、30代にしか出せない色気みたいなものをすごく感じるんですよね。
 

(※このレビューは2009年以前に執筆したものです。)

 

【主な流れ】

オープニング。白の花柄ワンピで、芝生の上を歩く。

ポーズをとるインタビュー。ソロになったこと。作品についてなど。

赤のフリル付きベビードール。お部屋でポーズ。

ブルーの首掛け式ビキニにミニパレオ+Tバック。砂浜でポーズ。四つんばいなど。

ブラウンのビキニにワンピ。ベッドの上でパンプスを履く。

トレンチコート。脱いで赤の極小ビキニになり、バーカウンターに寝る。

写真撮影をバックにインタビュー。ノーブラエプロンでメイド風。

ベッドの上で、アイスを舐める。ブルーのビキニ(下乳アリ)で、岩場でのポーズ。

前出の花柄ワンピでポーズ。ピンクの極小ビキニ(下乳・Tバック)でポーズ。

ローアングルショット。白のフリル付きビキニで、リップを塗る。

ダイジェスト。ジャケ写のノーブラでのうつぶせ。仰向けで手ブラ。

黒のてかり系ビキニでゆったりとポーズ。変形の黒ワンピ水着で、室内シャワー。

前出のベッドシーン。パンプスを脱いで、ベッドでゴロゴロ。

手をクロスにして胸寄せ。インタビュー。今後の活動など。

黒のランジェリー上下で、エンディング

 

VHS特典映像

白のブラウス+黒のスリット入りタイトスカートで、椅子に座りポーズ。

白のランジェリー上下で、壁に寄りかかってポーズ。

白襦袢一枚でポーズ。両手をクロスさせての手ブラ。

ノーブラバックショット。テーブルに寝転がっての手ブラ(ソフトフォーカス)

※VHSの為、チャプター無し

 

【評価】★★★★☆

【レビュアー】PLAY