PLAY〜アイドルイメージビデオレビュー〜【Reprise】

アイドルのイメージビデオのレビューサイトです。

山本早織/VIVA!そら。真っさお。/GPミュージアムソフト/50分/2004年11月25日発売

山本早織 VIVA ! そら。真っさお。 [DVD]

【DATA】山本早織/VIVA!そら。真っさお。/GPミュージアムソフト/50分/2004年11月25日発売

【キャッチコピー】山本作品は永遠のマンネリズム??

【レビュー】

 もはや大物の風格さえ漂う山本早織のV。デビュー当時はその見事なIカップのバストを惜しげもなく露出し、けっこう衝撃的な作品を出しておりましたが、彼女、作品を重ねる毎にだんだん露出度が減ってしまっている気がするのは僕だけでしょうか…?
 
VEGAファクトリーから発売された「Letter」のレビューで彼女には“攻めが必要”と書きましたが、この作品も同じように攻めが足りない。
 
清純派路線が足を引っ張っているのか、カメラワーク的には彼女のボディを全面に打ち出しているというよりかは顔アップが多く、露出度の多い水着も少ない。
 
水着以外の衣装もこれまでと同じようにワンピースが多く、奇抜な衣装もない。
うーむ…。これまでと全く変わってないじゃないか。
 
この作品で唯一良いと思ったシーンはチャプター6の黒ニット+ロングソックスでのシーン。髪の毛をウェーブにセットし、アンニュイな表情のセクシーな彼女が見ることができる。
 
あまり表情で演技ができない彼女ですが、このシーンでは今までにないオトナの雰囲気を感じました。
こういう路線で一本丸ごと作ってくれないでしょうか。
 
ここ最近の山本早織の作品は、出しても出しても代わり映えのしない内容。
 
彼女のグラドルメーターはすでに振り切ってしまっているのでしょうか?
「永遠のマンネリズム」と言ってしまえば聞こえは悪くないかもしれませんが、次のステップを模索していかないと、いずれ飽きられてしまうのではないでしょうか…。
 
一皮むけたさおちゃんを見てみたいものです。

(※このレビューは2009年以前に執筆したものです。)

 

【主な流れ】

1. バリの風景。オープニング。

2. ブルーの水玉ビキニでプールに入る。浮き輪等で遊ぶ。 赤のストライプビキニ。屋外のシャワーで水浴び。

3. 食事シーン。白ワンピ+帽子で散歩。

4. モスグリーンのビキニ+シースルーのドレスで海へ。ドレスを脱いでビキニショット。 ピンクのトップス+ブラウンのショートパンツ。岩場でのポーズ。

5. バリの民族衣装でダンス。

6. 赤の水玉ビキニ、ピンクビキニなどで写真撮影のショット。インタビューが挿入。近況報告。 赤の水玉ビキニでポーズ。 黒の胸の開いたニット+黒のロングソックスでソファに座ってポーズ。ソックス、ニットを半分脱いでデニムビキニに。 グリーンの肩紐なしブラ+ロングスカートで人魚姫スタイル。岩場でポーズ。 水玉の黒のロングドレスでポーズ。

7. 19歳の誕生日をスタッフみんなで祝う。 前出の白のワンピで散歩。

8. エンディング

特典映像 bonus movie 黒ビキニにシースルーのドレスでベッドに。アクセサリー、爪のアップetc...。

 

【評価】★★☆☆☆

【レビュアー】PLAY