PLAY〜アイドルイメージビデオレビュー〜【Reprise】

アイドルのイメージビデオのレビューサイトです。

憂花さおり/CAMPUS DOLL/イーネットフロンティア/45分/2004年10月22日発売

【DATA】憂花さおり/CAMPUS DOLL/イーネットフロンティア/45分/2004年10月22日発売

【キャッチコピー】自分の彼女が過激ポーズを取ってくれたら・・・って妄想してる人向け

【レビュー】

 憂花さおりちゃんと言っても、知らない人が殆どだろう。普段は撮影会モデルなどをやっているアイドル予備軍の一人。
 
公式HPではT154 B83/W56/H83だがVではT149 B85/W55/H85と3サイズが微妙に違う。
3サイズは成長したとしても背が縮んだのは・・・?
 
さて服を着たシーンでは全てマイクロミニスカ姿と言うのが嬉しい。
スカートは腰を覆う布に過ぎず常にパンツ丸見えなのだ。
顔は普通で素人くさい。つまり「自分の彼女が貴方(彼氏)のために過激なポーズを取ってくれる」その姿を見ていると言うシチュになるわけだ。
 
RQもののようなケバさは無い。
着エロについては、おそらくスタッフに言われたとおりにやってるんだろうなぁと言う感じで、非常にぎこちないものの精一杯がんばっていると言う印象だ。
従って「私の体どぉ?」とか「見たいの?」と言った能動的な挑発系では無い。
 
本人もその辺はわかっているようで、感想部分で「Hな顔の研究をしていきたい」と述べている。 特徴としては本人も本編で述べているように「白い肌」だろう。
特にChapt3での暗い部屋での身をくねらせたり悶えたりするシーンでの淫靡さに、彼女の肌の白さは貢献している。
ただこのChaptは後半のキッチンでのシーンが撮影用に使われたようで非常に退屈なのが惜しい。ここはもう一工夫欲しかった。
 
良かったのはそのChapt3での股間をベッドの縁に擦り付けるシーン及び魚肉ソーセージを使った擬似フェラだ。スタッフも魚肉ソーセージが気に入ったのか、Chapt6の風呂場のシーンでも唐突に使っている。
これはアイスやバナナなどより即物感があってなかなか良かった。
結構ぎこちなさが感じられたので、実生活でもあまり経験が無さそうだ。
 
あのスピードでは彼氏は満足できないだろう。
奥まで突っ込んで苦悶の表情を浮かべたり、むせたりするところは萌えられる。
結構尻や股間重視に撮っているが、惜しいのはもう一歩踏み込んでいないところだ。
 
パンツが全てTでは無いところ、T状にしたパンツを股間に食い込ませていなかったところなど・・・。もし次回作があるなら、その辺もう一押しがんばって挑んでいただきたいところだ。
 
挑発系・RQ系・お姉さん系などが好きな方はあまり向かないが、素人ものなどが好きな人には向いていると思う。そういう人には買って損は無い作品である。

(※このレビューは2009年以前に執筆したものです。)

 

【主な流れ】

0.オープニング:ダイジェストシーンロケはどこかの屋敷を借り切っておこなわれた模様

1.超ミニスカで屋敷の庭園を散歩。ベンチに座って開脚。

ベンチの上に立った姿を下から。

2.屋敷の広いポーチ。ミニスカでベンチに座って開脚。ビキニのボトム風パンツ見せ(裏ジャケ1番下の水色のやつ)。後ろを向いて尻側を見せる。

スカートを自ら捲くる。スカートを脱ぐ。Tシャツに水を掛けられる(透ける訳では無い)。Tシャツを脱ぐ(ノーブラ)。

手ぶら(胸はそれほど無いので迫力は無い)。

セミヌード姿のさおりを様々な角度から撮る。

3.暗い室内。チューブトップの下からブラを取る(裏ジャケ1番上の写真)。ベッドに横たわりミニスカからパンツ見せ。四つん這いで股間見せつけ。開脚。ローリング。

胸を揉む。パンツの上から股間を手で弄る。四つん這いで股間を手で弄る。

股間をベッドの枠に当てて前後に動き擦り付ける。魚肉ソーセージを咥えてしゃぶる。→カラフルな衣装(上ビキニ風+下ミニスカ)、階段を四つん這いで犬歩きして上ったり降りたり。→同じ衣装でキッチンのシンクに座る姿を下から上へ。M字開脚から両脚を伸ばし柔軟。仰向けに寝た姿を上から。立ち上がった姿を下から。

4.室内、裏ジャケ右下の衣装(白のふわふわブラ+紫のT)。ベッドで四つん這い。股間や脚を手で弄る。Tの食い込み接写。四つん這いを後ろから。立った姿をほぼ真下から。デルタや尻を舐めるように撮る。両手で体を弄る。M字の股間アップ。

5.玄関先、裏ジャケ左上の衣装。ミニスカを捲くってパンツ見せ。スカートをパンツ毎ズリ下げる。開脚座り。バイクに跨る。乗った状態でパンツの尻の部分を搾ってT状にする(そのまま食い込ませてほしかった!残念)。

6.全裸で入浴。手ぶら等で肝心なところは隠す。水浴びする姿を背中越しに。湯船でうつ伏せ、尻見せ。右手で胸を左手で局部を隠し全身、湯船に身を沈める。魚肉ソーセージを顔に当てる。皮を剥いて指でシゴく(人差し指と親指でリングを作って上下させる)。魚肉ソーセージにクリームをつけてしゃぶる。咥え込む、奥まで入れすぎてむせる。

SP.自己紹介、撮影の感想。チャームポイントは「白い肌、手、尻」とのこと。

スライドショー

 

【評価】★★★☆☆

【レビュアー】ブラックトラッキー