PLAY〜アイドルイメージビデオレビュー〜【Reprise】

アイドルのイメージビデオのレビューサイトです。

『ら・わ行』のレビューを更新。すべてのレビューをアーカイブ終了しました!&着エロというジャンルについて

『ら・わ行』のレビューを更新。すべてのレビューをアーカイブ終了しました!

 

リストも更新しました。

 

playidol.hateblo.jp

 

アーカイブをスタートしてから1ヶ月ほどでレビューをすべてアップしました。

 

※当時掲載していた18歳未満の作品【U-18】は、自主規制によりアーカイブを見合わせました。

※データの消失により、アップできなかったレビューも一部ありました。

 

今回の更新で注目したいのは、着エロ作品を何本かリリースした、RYOさんの作品でしょうか。着エロが好きだったレビュアーさんに、熱量の高いレビューを投稿していただいていました。

 

playidol.hateblo.jp

 

しかし、メインレビュアーのvibeon!さんの造詣の深さたるや。。本当にすごいレビュアーさんです。

 

ここでちょっと着エロについての説明を。

着エロ作品をリリースするのは主にレースクイーン、後にAV女優さんへとなることが決まっていたアイドル(と言っていいのか)、お菓子系のアイドルなどが多かったのですが、『着エロ』というジャンルを一気にメジャーに押し上げたのは、やはりこの人。

 

レースクイーン出身のインリンオブジョイトイさん。

 

playidol.hateblo.jp

 

当時、あまりの衝撃とこれまでのイメージビデオから大きく逸脱した演出に、

レビュアーのvibeon!さんは評価を“測定不能”としていました。

 

playidol.hateblo.jp

 

私も上記の作品を鑑賞しましたが、これも不思議な作品でした。

なにか政治的なVを見せられているような気分になりました。

 

当時の衝撃と戸惑いを、レビューを読んで感じ取ってもらえればと思います笑。

 

正統派のグラビアアイドルのイメージビデオは制約も多く、過激な演出など当然NGでしたが、着エロアイドルの作品は擬似SEXを想像させる過激な演出と、過激な衣装でなんでもあり。

一言で言うと『脱がないAV』と言ったところでしょうか。

 

イメージビデオの柔らかい演出に不満を募らせていたユーザーたちの心を掴み、また、『着メロ(着信メロディ)』をもじったキャッチーなネーミングもあって、ひとつのジャンルとして一気に広まりました。

そして着エロ専門のメーカーや着エロレーベルも乱立しました。

 

個人的には『着エロ』はアイドルの『イメージビデオ』とは別物、という考えなので正直言って好みではないので、積極的には見る機会はありませんでした。

しかし着エロは今でも人気のジャンルの一つですよね。

 

さて、一旦アーカイブ作業はこれですべて終了しました。

 

しばらくレビューを書くことから離れていたのですが、今後もお気に入りの作品、お気にいりのグラビアアイドルのイメージビデオを紹介していきたいと思います。