PLAY〜アイドルイメージビデオレビュー〜【Reprise】

アイドルのイメージビデオのレビューサイトです。

涼/Vamp/イーネットフロンティア/58分/2003年9月19日発売

【DATA】涼/Vamp/イーネットフロンティア/58分/2003年9月19日発売

【キャッチコピー】着エロVの突然変異か先祖帰りか?そして涼とは何者なのか?

【レビュー】

 このVについて「これはアイドルイメージVなのか?」という問題がある。
 
本作では涼のセミヌードどころか、ブラやタンクトップから透け乳首が、更に特典映像ではTバックパンティ一枚でベッドに横たわるとき生乳首がしっかり拝めてしまうので「着エロ」どころかヌードVとも言える内容なのだ。
 
また涼という人も「大迫涼」名でWeb上にフルヌード写真集を出している(Vシネにも出ているらしいが未確認)ので、セミ止まりの本作には「ありがたみ」が無いじゃないか──と言いたくなるところだが、実はこれ、かなりの傑作なんです。
 
大半がスタジオ内・屋内での撮影で、C-1・6のようないかにも着エロV的なシーン(しかも乳首透けまであるから殆ど反則)も当然あるが、それ以上に「シチュエーション有り」のシーンが非常に面白くエロかった。
 
基本的な設定は「スケベな彼氏とそれをうまくかわしたりじらしたりする女」ということで、C-2では車中(しかも走行中!)で服を脱いで白ビキニになり、カメラに股間アップまで撮られてしまうが、涼はブラ紐を解いたところで「だ~め♪」と言って元に戻す。C-3でも黒エナメルビキニを「舐め」で撮らせておいて「もー!エッチなんだから~」とお預けを食わせたりカメラにおっぱいパンチ?を見舞ったりと、男好きしそうなルックスに違わず涼本人もかなりエロい。
 
それも一昔前のAV女優のようなダークなエロスを感じる(そう言えば舞田奈美に似てなくもない)。またその他にも本作ならではのエロシーンが有り、C-5では金ビキニを舐め回す石鹸の泡・水着の下に差し込む手(お尻の割れ目まで見える!)、C-7の下半身接写(股間の「肌色」が生々しい)、特典映像での白ブラウス&ジーンズを下から脱がしてパンティ一枚に…等々。「スタジオ内で車をバックにビキニでポーズ」なんてのがあったり(これも一昔前の演出ですね)、登場するバスルームや部屋などもゴージャス感がまるで無く、かなり安い制作費ではないかと思われるが、その分スタッフが頭を使って「自分ならどういうエロを撮るか」をしっかり考え実行している。
 
もちろんエフェクトも無く、スタジオ撮影の利点を活かして(白トビなどのエラーも無し)涼のボディと肌の質感を丁寧に捉えたカメラも良い仕事してます。
 
涼はおそらく20代後半であろうが、接写に堪え得る程肌もキレイで、エロについてかなり勘の良い人のようです。前述のように他所でフルヌードになってなければ満点評価にしても良いのだが…とにかく、他の着エロレースクィーンVとはかけ離れた孤高の作品になっております。
 
ところで本作は「SCANDAL」レーベルに属しているが、同レーベルの高野京子のDVDは至って普通の着エロVだった。古のパワースポーツVにも通じる本作の演出、これは先祖帰りか、はたまた本作のみの突然変異なのだろうか…?

(※このレビューは2009年以前に執筆したものです。)

 

【主な流れ】

1.迷彩ビキニで立ちポーズ&腰くね。銀ビキニ+ヒール。白シースルータンクトップ(乳首透け)+白ビキニパンツ(以下☆)。

2.【A】車に乗る。豹柄カットソー+白ミニスカ→脱いで白ビキニに。【B】走行中の車中でAと同じように脱いで白ビキニになり、胸&開脚股間アップ。ブラ紐ほどく。(A・Bシンクロ)

3.室内。黒エナメルビキニ(Tバック)。胸&股間アップ。カメラに乳押し付け(2回)。ソファに寝て開脚股間&Tバック尻アップ。仰向けで胸→腰舐めショット。

4.スタジオ内。下を切った黒タンクトップ(下乳)+黒ビキニパンツ。オープンカーをバックに黒ビキニ&金ビキニ(いずれもTバック)。グレーのラメ入りシースルーボディコン。

5.☆でポーズ。壁に手をついてのバックショット。浴室。金ビキニ(Tバック)、ソープで体洗う。尻アップ。ブラに手を差し込んで乳洗う。パンツのサイド部に手を差し込む→尻の割れ目見える。シャワーで泡流す。白ブラウス・デニムスカート→脱いで白ブラ&Tバックパンティ(以下★)でソファに横。

6.迷彩ビキニ。両手を吊るされて立つ。尻~黒ヒール~股間アップ。☆。両手を鎖で上に固定、そのまま腰くね。股間アップ。7.★。脚&唇アップ。乳首・毛微かに透け。ソファに仰向け→起きる→四つん這い→開脚。

(DVD特典)室内。白ブラウス&ジーンズ。下脱いで太腿アップ。上脱いでTバックパンティ1枚になり手ブラ。ベッドに横たわる~うつ伏せ。

 

【評価】★★★★☆

【レビュアー】vibeon!