PLAY〜アイドルイメージビデオレビュー〜【Reprise】

アイドルのイメージビデオのレビューサイトです。

若林菜美子/ミスマガジン2001/TBS/41分+4分

ミスマガジン2001 若林菜美子 [DVD]

【DATA】若林菜美子/ミスマガジン2001/TBS/41分+4分

【キャッチコピー】菜美子の魅力キッチリと伝える標準的な作り。

【レビュー】

 この作品はごく標準的な作りと言えるのではないでしょうか。とりあえず星が3つは付くかな?という感じで評価的には下がりにくいと思います。
 
出演するアイドルのファンなら4つを付けれるかも知れませんし逆なら2つという感じ。逆に言うなら1は付かないけど5も付かないという所。
 
水着のシーンも多く、またサイド補正の無い物もいくつか着用していて、よけいなエフェクトも無い。
 
見所はビリヤードのシーン、打つたびにかがんだ状態で胸がプルッという感じで揺れるのがなかなか。
 
これはっという決め手には欠けるが出演している若林菜美子の魅力はキッチリと伝わってくるのではないでしょうか。
筆者の評価は限りなく4に近い3で。

(※このレビューは2009年以前に執筆したものです。)

 

【評価】★★★☆☆

【レビュアー】すぴーどわーるど

 

【キャッチコピー】オトナの菜美子を見てみたかった気も……

【レビュー】

 若林菜美子三本めの作品はミスマガジンから。ミスマガジンの中で最年長という彼女は、なんでも審査員特別賞を取ったということです。
 ただ、彼女はすでにフジテレビデオのTHE COMPLETE、ファイナル・ビューティを発売していたので、ミスマガジンに選ばれる前から注目していた人も多いのではないだろうか。
そういった意味ではミスマガジンの中では一番の安全パイと言えるかも。
 
オススメのシーンは前半のヒョウ柄ビキニ(しかも紐パン)のシーン。
木に登ったじっくりとみることができるのでオススメ。
そして赤ビキニでのビリヤード。前から、下からと、いろんなアングルで菜美子のバストを狙い打ち。
さらにその赤ビキニがメッシュ系のもの。メッシュの間から肌が見えてしまっているのがなんともセクシーです。
基本的に音楽がアッパーに変化するシーンは見どころのようですが。
後半一番の見どころ、ぴったりして生地も薄めの黒ビキニで砂浜に寝転がるシーンは一転してゆったりとした音楽と、イメージで楽しませてくれます。
 
ひとつ思ったのは、菜美子はミスマガジンでは一番のお姉さん。
菜美子はどちらかと言えば健康的で明るいタイプの子なのですが、ここはいっちょ挑戦という意味でも、後半に見せてくれた白いロングドレスを着ているような「アダルトでセクシー」路線にしぼった菜美子を見てみたかった。
 
そうすれば菜美子の違う一面を見れたのではないかという気がします。
先発のTHE COMPLETE、ファイナル・ビューティとの差別化を図る意味でも。
 
全体的には水着のセレクトは良好。水着シーンは全てビキニです。

(※このレビューは2009年以前に執筆したものです。)

 

【評価】★★★☆☆

【レビュアー】PLAY

 

【主な流れ】

ピンクのノースリーブシャツとホットパンツを脱いで黄色のビキニへ。

オープニング、全員が白いビキニのミスマガジン2001のメンバーが挨拶。

水色のビキニで帆架け式のカヌーに乗りこみ海上でポーズ。

豹柄ビキニ、森の中でポーズ。蛍光グリーンのビキニで自己紹介。

赤のビキニにホットパンツでビリヤード。オレンジのビキニ、波打ち際ではしゃぐ。

水色のビキニに白いシャツを羽織ってベッドの上でペディキュアを塗る。

自己紹介の続き。茶のビキニにホットパンツとベスト、腰にガンベルトのスタイルで森の中。黄色のビキニ、浜辺でフリスビー。黒地に白の水玉カーディガンでプール掃除。

黒のビキニで波打ち際、岩場でポーズ。前述の白いシャツでインタビュー。

蛍光グリーンのビキニ、プールで泳ぐ。前述の茶ビキニにベストのスタイルで森の中でポーズ。水色のビキニ、浜辺の倒木に寝そべってポーズ。自己紹介の続き。

白のイブニングドレス、夜のプールの側を歩く。

白のビキニとスケスケパレオ、夕日の浜辺でポーズ。エンディング。

DVDの特典映像はオフショット。