PLAY〜アイドルニュース〜

アイドルとグラビアに関するニュース・レビューサイトです。

WONDER∞WANDER主宰イベント『WONDER LAND@CLUB QUATTRO』にお邪魔して来ました!


昨日開催されたWONDER∞WANDER主宰の対バンLIVE『WONDER LAND』にお邪魔してきました。

 

これまでジャムズのワンマン、リルネードのリリイベに参加したことはありましたが、ちゃんとした対バンイベントはこれが初めて。

 

主宰のWONDER∞WANDERの楽曲やMVはこれまで何回も目にしてきましたが、LIVEはもちろん初。

また、今回対バンのアイドルさん4組が出演していたのですが、勉強不足なところもありほぼほぼ楽曲を聴いたことがなかったんですよね。

こんな状態で楽しめるかちょっと心配ではあったのですが、実際に行ってみたところ最後の最後までとても楽しいイベントでした。

 

まずは主宰のWONDER∞WANDER。

won-wan.com

「アーティストですか?いいえアイドルです。」

 

のキャッチフレーズは決して伊達ではなく、キレのあるダンスと歌唱力に圧倒されてしまいました。

 

未来の風紀委員をイメージした新衣装、そして新曲の披露など盛りだくさん。

そして圧巻だったのは、今回対バンとして出演した4組の楽曲のカヴァーを披露。これ、マジでどれだけ練習してるんですかってくらい振り付けも完璧にこなしておりまして、フロアにいた対バンのアイドルファンからもどよめきが起こっておりました。

 

EMO JAPONICA

BOY MEETS HARU

じーくらむ(スキキライ)

アイオケ(誕生日おめでTOKYO)

 

オリジナル楽曲のパフォーマンスはもちろん格好良かったのですが、このカヴァーで彼女たちの無限大のポテンシャルを感じさせました。ほんと凄すぎる。。

 

個人的に気になったのは、みれいさん。キレッキレのパフォーマンスがとても格好良く、目が釘付けになってしまいました。

 

 

個人的には和ポップソングって正直あんまり好みではないのですが、

WONDER∞WANDERの『夢心地ライナー』に関してはLIVEパフォーマンスを見て一気に好きになってしまいました。

 

 

 

また対バンで出演した4組も、それぞれ個性があってとても楽しめました。

簡単にご紹介します。

 

EMO JAPONICA

4人組の正統派アイドルグループ。

メンバーの藤野ひまりさんはミスヤングアニマル2022の候補者としてグラビア活動もされているようですね。

 

 

今後グラビアでも目にすることが多くなってくるかもしれません。

 

個人的には最年少の西乃恋さんに目が行ってしまいました。

 

twitter.com

 

5月24日にはワンマンも開催するそうで、人気の高さが伺えますね。

 

BOY MEETS HARU

 

事前に楽曲を聴いて臨んだのですが、想像を遥かに超える熱く激しいパフォーマンスでした。

Non MCで次々と楽曲を披露するところとか、とにかく全力感が伝わってきました。カッコいい。

 

twitter.com

 

 

じーくらむ

7人組の正統派アイドルグループ。めちゃくちゃ場数踏んでそうな堂々としたパフォーマンスでした。

 

個人的に気になったのは

 

恋咲ひなさん 

 

あざとい感じ。こういう感じの子好きみたいです笑。

 

紫吹あやさん

 

グラビア活動もしているようです。

 

 

 

この2曲が印象に残りました。いい曲ですね。

 

 

アイオケ

 

総勢メンバー12名のうち、今回は8名で参加。

アイドルグループでありながら楽器を演奏するという(今回はサックス、キーボード、バイオリン)オリジナリティあふれる構成で面白かったです。

 

『誕生日おめでTOKYO』は懐かしいトランスの楽曲で、振り付けもパラパラ。EDMの楽曲はアイドルソングではわりと多いのですが、トランス&パラパラかあ、なるほど面白いところを攻めてるなあと感心しました。DA PUMPの『U.S.A』的なずらし方ですね。

 

 

5月24日にはファーストアルバムが発売されます。

 

 

8月には豊洲PITでのLIVEを控えているとのこと。すごい。

 

という感じで、一度ライブを見てしまうと今後の彼女たちの活動も気になってしまうので、今後もチェックしていきたいと思います。