PLAY〜アイドルニュース〜

アイドルとグラビアに関するニュース・レビューサイトです。

JamsCollection 3rdワンマン『燃えジャ!!!!!!!!!』@豊洲PIT に参加してきました!


6月5日、JamsCollection 3rdワンマン『燃えジャ!!!!!!!!!』@豊洲PIT に参加してきました!

 

詳細なライブレポートは2ndワンマン同様にプロにおまかせするとして、

ototoy.jp

 

より私見での感想を述べていきたいと思います。駄文散文になりますがお付き合いくださいませ。

さて、ジャムズのライブに参加させていただくのは、

 

メジャーミニアルバム「JamMode」リリイベ@MAGNET

www.play-idol.com

 

2nd ワンマン@ZEPP HANEDA

www.play-idol.com

 

無銭ツアー@O-EAST

www.play-idol.com

 

保科凛生誕祭@渋谷Veats

www.play-idol.com

 

そして今回の3rdワンマン@豊洲PITが5回目となります。

2ndワンマンで今回の3rdワンマンが発表になり、それからわずか3ヶ月で今回の豊洲PITでの開催。

豊洲PITというステージは、ジャムズも何度も対バンでは出演しているそうなのですが、ワンマンライブはもちろん初。

 

昨年2021年6月、この豊洲PITのステージに上がった坂東遥ちゃんはここでワンマンライブを開催することを目標にしていたそうです。ここでワンマンができたら、アイドルとして悔いはない、と。

それからわずか1年、1,000人を超えるジャムズのファンだけで埋め尽くされた会場。その景色は感慨深いものがあったのではないかと思います。

 

それはファンとしても同じ心境。入った瞬間にとてつもない規模の会場でしたが、この場にいるすべての人がJamsCollectionのために集まり、埋め尽くされていることは本当にすごいと思ったし、この場にいれることだけですごく幸せな気持ちになりました。

 

今回のワンマンは会場が大きいだけではなく豪華な演出が満載で、炎、爆発、雪、シャボン玉などなどがあり、毎曲毎曲『次はどんな演出があるのだろう?』とワクワクさせてくれました。

 

冒頭の登場シーンは『モエジャ!!!!!!!!!』のコンセプト通りディスプレイに炎が映し出され、さらにあの巻き舌ナレーションでお馴染みのレニー・ハートさんによる呼び込み。

格闘技のPRIDE世代(桜庭vsホイスグレイシーとか)的にはすごく笑ったし、ジャムズにすごくハマった演出だなあと冒頭から鳥肌立ちまくり!!!!!!!!

 

そして最初に登場したのは神楽胡音。その出現のかっこよさよ!

これにも思わず鳥肌が立った!

しかも全員がデニムの新衣装を身にまとっての登場。

新衣装はたぶん事前に発表になっていなかったので、驚きと嬉しさで思わず『うわー、かわえーなー!と』(心の中で)声をだしながらうっとりしてしまいました。

 

今回のセトリは毎回ながら柚木ひるねちゃんがTwitterでアップしてくれてます。

ひるねちゃん、毎回ほんとにありがとう。

 

 

全20曲の一発目を飾ったのは『恋愛必勝ラブゲーム』。

 

www.play-idol.com

 

 

この曲はライブ映えする曲で、今回は音響の良さもあって腹にずしずし重低音がクるのも相まってオープニングにはめちゃ上がる良い選曲だと思いました。

『愛你』が一発目に来るだろうと予想していたのですが、なるほど、この始まり方も良かった。

そして追い討ちをかけるように2曲目はぶち上げ曲の『愛你』(アイニー)へと続き…持ち歌+新曲『アオフィルム』を含めて全20曲を披露してくれました。

 

www.play-idol.com

 

 

これほんと毎回言ってますけどラストの『NEW ERA PUNCH!!』『サマーポップ』『愛你』は好きすぎて毎回テンションが上がるのですが、今回のライブでまた違う意味で印象に残ったのは、

 

『恋とテストと缶ジュース』

 

 

『ブルーアワー』

 

『スニーカーヒーロー』

 

そして新曲『アオフィルム』あたり。

 

『恋と…』『ブルーアワー』の2曲は未だ音源化されておらず今のところYouTubeで観るしかできないので、レアな楽曲なんですよね。

でもどちらの曲も好きなので、ライブパフォーマンスが見れて良かった。

 

そして最近振りがついた『スニーカーヒーロー』も。こちらもかわいい振り付けでより好きになった曲。

 

新曲『アオフィルム』は今回のライブで初披露されたので、正直なところ消化しきれない部分はあったのですが、7月に発売されるシングルのカップリングで音源化されるので、早めに聴き込んで吸収したいなと思ってます。

 

またアンコール一曲目『ノーヒットノーラブ』も良かった。

野球のユニフォームをモチーフとした衣装や振り付けもかわいいし、アンコールの呼び込みが野球のウグイス嬢、曲中もモニターにスコアボードが表示されたりする演出も面白かったなぁ。

と、ほんとキリないですが。。

また振り付けも徐々に覚えてきて、サイリウムを振るのがかなり楽しい!

ジャムズ、ファンとの一体感。これぞライブの醍醐味ですね。

 

2ndライブもその規模や演出に驚かされたけど、3rdはそれ以上に面白くて豪華な演出満載で、ジャムズがすごい勢いで短期間で大きなアイドルグループに成長していくのを感じています。

アンコール後の9人のMCを聴いていると、彼女たち自身もこの怒涛の成長スピードに少なからず戸惑いや不安を感じているようでした。

 

大きな舞台で、大勢の観客を前にして、大勢のスタッフが関わっている大きな大きなプロジェクトで、まだ結成一年ちょいのアイドルグループ。そこには大きな大きな期待とプレッシャーが掛かっているんでしょう。

 

津代美月ちゃんのMCで「ジャムズってすごいよねー」って知り合いとかに直接言われてもまだ「そうかなー?」って答えるけど、これからは「でしょー?」って言えるくらい自信を持てるように一層努力していく、と言ったような(うろ覚え)発言をしていました。

 

しかし、何度も言いますが今回のライブパフォーマンスはすごいものを見せてもらった思ったし、ライブ中にこの場にいることに幸せを感じたり、会場を見渡してみて、こんなに多くのジャムズが好きな人たちがいることを改めて知れたし、9人が笑顔で歌って踊っている姿を見て、グッと来る場面があって何度も込み上げるものがありました。

 

きっとそれは彼女たちひとりひとりが生み出す大きなパワーがあってこそかなと思いました。全員がすごいよ。

「ジャムズサイコー!」

もうこの一言に尽きるかなと。

 

ライブ終了後は特典会に参加させていただきました。

2ndワンマンのチェキ会ではるちゃんに「で、誰のファンなの〜?」って言われて(『いやいやはるちゃんのファンだからね!』と言い返した笑)からの3ヶ月後、今回のチェキ会では顔を見た瞬間に『〇〇〇〇!』(いつも使ってるニックネーム)を呼んでくれたのがほんとにびっくりしたし、嬉しかったなあ。

限りある時間の中だったけど「ライブすごく良かった、感動した」と直接伝えられて良かった。

はるちゃんからは「グラビアまたやるから楽しみにしててねー」とか「ブログ楽しみにしてるよ」と言ってもらえたり。ライブでもたくさん元気とパワーを注入してもらったのに、さらにたくさんのパワーをもらってしまった。。

グラビア、これのことですね。

 

ファンをちゃんと大切にしているはるちゃん。全力のライブ後なのにその後に何時間も掛けてチェキ会を開催してくれるなんて、本当にすごいことです。

 

グラビアで知った坂東遥ちゃんをきっかけに、ジャムズにすっかりハマってしまって3ヶ月。ジャムズのライブは毎回特別なのだけど、その特別が毎回アップデートされていくのはファン冥利に尽きますね。

ライブ直後にTwitterに書いた感想も貼っておきます。

 

 

4thワンマンは大阪野音、そして今回サプライズで発表になった、5thワンマンにも参加したいと思っております。それでは長くなりましたが、また。