PLAY〜アイドルニュース〜

アイドルとグラビアに関するニュース・レビューサイトです。

エクストロメ‼︎ RAY / fishbowl / 衛星とカラテア Release Event‼︎@タワーレコード渋谷B1 CUTUP STUDIOに参加してきました!


リルネード『フォークソング』 

#ババババンビ 『馬鹿になって好きっていうだけ』大好き→ 

 

ヤマモトショウ(作詞・作曲家)大好き →

 

ヤマモトショウ氏がプロデュースするfishbowl 大好き!

 

という流れで最近fishbowlの存在を知り、プロデューサーがヤマモトショウ氏ということでさすがに楽曲が全部良く、これは絶対にライブを体感したいと思っていたのですが、彼女たちはご当地アイドルということもあり(もっとも、ご当地アイドルの概念が変化するぐらいクオリティが高いですが。)、メインの活動拠点は静岡。

 

前日の東京で開催されたワンマンライブはソールドアウト。なかなか東京でのライブのタイミングがなさそうだなと半ばあきらめていたのですが、渋谷タワレコでリリースイベントが合同で開催されるという情報を前日に知り、急遽ですがリリースイベントに参加してきました!

 

この日は

 

・fishbowl

fishbowl (@fishbowl2021) | Twitter

・RAY

RAY 新体制オーディション開催中 (@_RAY_world) | Twitter

・衛星とカラテア

衛星とカラテア (@EiseiTo_Karatea) | Twitter

 

の3組が出演。

リリースイベントで対バンって、普通にあるんですかね?

(アイドル初心者の疑問)

 

当日11時〜B1階の特設ブースでの販売とライブ参加券の配布が開始されていたのですが、タワーレコード渋谷店に到着したのは、11時40分頃。すでに販売ブースは長蛇の列。

 

参加券が用意されていたのはだいたい150人分ほどだったと思うのですが、なんとかギリギリ滑り込むことができました。

 

整理券136番目でした。

 

トップバッターは『fishbowl』

 

セトリは以下の通り

 

深海

踊子

 

朱夏

熱波(新曲)

白線(新曲)

平均

 

の全6曲を披露。前日のライブ参加組もいたと思いますが、fishbowlはすでに東京でもものすごい人気。

ステージングも勢いを感じましたし実に堂々としたもので、会場を大いに沸かせていました。

fishbowlはどの曲も大好きなのですが、お気に入りの曲『深海』『朱夏』『熱波』のパフォーマンスがみれただけでもう十分満足な内容でした。

いつかワンマンライブを見に行きたいと思っています。

 

 

次のステージは『RAY』

 

セトリは以下の通り。

 

17

ムーンパレス

レジグナチオン

わたし夜に泳ぐの

Rusty Days

 

ニューアルバムから全5曲を披露。

すみません、このfishbowlの対バンで初めて知ったアイドルグループだったのですが、めちゃくちゃ良かったです。

シューゲイザー、オルタナティブ感あふれる楽曲。

 

オーディエンスをアジって盛り上げるタイプのアイドルではないのですが、キレのあるダンス、浮遊感のあるサウンド、その独自の世界観にすっかりと引き込まれてしまいました。

ジワジワ上がってきてふわふわした感じでとっても気持ちよかったですし、新しいアイドルのジャンルを垣間見た気がします。

 

まだ聴き込みが足りないとは思いますが、直感的に『わたし夜に泳ぐの』、『17』が好きです。

 

 

対バンのラストを飾ったのは『衛星とカラテア』

 

セトリが確認できなかったので、割愛します。

 

衛星とカラテアも、ほんと無知で申し訳ないのですが、現在グラビアで活躍している大槻りこちゃんがいるグループという認識しかありませんでした。

2021年7月11日結成と、まだ新しいアイドルグループですが、会場内は衛星とカラテア目当てのファンも多く、ペンラの数も多かった気がします。

 

また、ファンと一緒に振り付けを踊ったり、クラップを促すなど、会場を盛り上がるのが上手なグループでした。これからますます人気が出そうですね。

MCではfishbowlとRAYの楽曲についても言及していて、対バンアイドルへの気遣いやリスペクトも感じました。

 

 

ということで、突発的に参加したリリイベではありましたが、結果的にはめちゃくちゃ楽しかったです。

 

 

音源ももちろんいいのですが、やはりライブ現場は何倍も得るものがあると思います。

なので、今後も直感を信じて現場に足を運びたいと思います。ではまた!