PLAY〜アイドルニュース〜

アイドルとグラビアに関するニュース・レビューサイトです。

JamsCollection4thワンマン「夏ジャ!!!!!!!!!ー大阪城の変ー」に初遠征してきました!

ジャムズにハマって約半年、ついに東京→大阪遠征を果たす!

 

ジャムズことJamsCollectionの4回目のワンマンライブ、

「夏ジャ!!!!!!!!!ー大阪城の変ー」

に参加してきました。

 

ジャムズのワンマンライブに参加するのは、今回で3回目。

 

www.play-idol.com

www.play-idol.com

 

普段の活動拠点は東京がメインのジャムズ。

PLAYも東京在住なので、さすがに大阪まで追っかけるのは無理かな…と思っていたのですが、

前回ジャムズの推しである坂東遥ちゃんとわりとゆったり目にお話する機会があり、

 

www.play-idol.com

 

もうこの時点で行くことが決まっていた気がします。

 

またジャムズ史上歴史に残る出来事になると直感したのは、

 

野外での声出し解禁!

でした。

 

ジャムズはコロナ禍にデビューしたアイドルグループです。

対バンでの声出しは経験があるものの、ワンマンライブでの声出しはもちろんはじめてです。

これは会場で“しかと”見届ける必要があるとかんじました。

 

 

東京から新幹線で大阪へと向かい、慣れない電車を乗り継ぎ、森ノ宮駅へ。

 

 

今回の会場は大阪城音楽堂。

東京でいうところの日比谷野外音楽堂のようなステージ。

 

 

この日は前日にがっつり降っていた雨も止み、まさにライブ日和。晴れ女のメンバー豊田あさちゃんのおかげらしいです。

 

チケットをギリギリで取ったので、前方のS席ではなく後方のA席の3列目ぐらい。

中央に陣取りました。

 

 

市松模様のようにひと席ずつ間隔が空いていて前に人がいないので見やすく、また密にならずに感染対策としても(いうまでもないですが)安心感がありました。

 

会場に入った瞬間に、ああこれは素晴らしいライブになるなと確信しました。

始まる前からなぜかテンションが上がりまくりで、これから何かすごいことが始まる…そんな期待を感じさせる野音独特の空気感でした。

 

セットリストは以下の通り。

毎回メンバーのひるねちゃんがアップしてくれてましたが、

今回は公式がアップしてくれています。

ありがとうございます。

 

 

声出しの解禁!

これは予想通りというか、いや、予想以上にテンションが上がりました。

 

「今日は声出しオッケーです」

「声出せますかー?」

ジャムズのコールに対して会場全体から「うわー!」という大きな声援が飛び交う。

 

その場にいる誰もが、声を出して応援することができる。

ああ、この感覚、すっかり忘れていました。

 

声を出して推しを応援できることが、こんなに気持ちよくて、楽しいなんて!!!!!!!!!

 

実は、自分から積極的にコールをしたいという気持ちがあったわけではありません。

実際どうやってコールしていいかもわからなかったし、ガチ勢のコールについて行けるだろうか、また周りのコールがうるさくてライブに集中できないんじゃないか、、そんな不安もあったりして。

 

しかし、そんな不安は一瞬で吹き飛びました。

2曲目に披露された「サマサマサマーはアゲアゲで!」

 

コロナ禍で声を出せないライブの時は、

「サマーなやつは声出せよー」の歌詞が

「サマーなやつは手を上げろー」

に変更されていましたが、

www.play-idol.com

 

「サマーなやつは声出せよー」

で、今日は声が出せる!

「おっおっおー、おっおっおー」のレスポンスができる!

これだけでも十分胸熱過ぎる展開でした。

 

この日のライブの1番のハイライトは、やはりラスト曲の『NewEraPunch!!』

でしょう。

 

間奏で9人が円陣となり『ジャムズー!』と叫ぶシーンがあるのですが、ここでは会場の全員が一体となって「ジャムズー!」と声出し。

 

みんなで「ジャムズー!!」

これが叫びたかったんだよ。

 

ちょっと込み上がりすぎてマジで泣きました。大声で「ジャムズー!』って叫びたかったのに、感極まってしまい、うううっと。

 

 

これが今回のライブの個人的1番のハイライトでした。

 

やはり声出しは会場をひとつにする。

これを体験できただけでも、大阪遠征をした価値があったなあと感じました。

 

そのほかのハイライトは以下の通りです。

 

・新衣装!!!!!!!!!

 

この日の会場、大阪城音楽堂をイメージしたというスカイブルーと白を基調とした衣装。

また、全員がオフショルで夏らしい爽やかさ。

ふわふわとしていてこれまでのジャムズの衣装にはないスタイル。

これもめちゃくちゃ可愛かったです。

 

 

 

・新曲2曲!!!!!!!!!

 

前半に『Ready→Now』

アンコール後に『アラシの夜に』

を披露。

 

一曲目の『Ready→Now』は、メロディが好みで、はじめて聴いたのにも関わらず瞬間的に「ああこれは絶対良い曲」と感じました。

 

2曲目の『アラシの夜に』は、友情を歌った曲。

ジャムズといえば、『smile×smile』や『疾走ドリーマー』そして『NewEraPunch』と等身大のエールソングを得意としているので、この路線がしっくりきました。

 

 

音源化を待ってじっくり聴き込みたいと思います。

 

けっこうなペースで新曲をリリースしてくれるジャムズ。

 

 

 

・野外ライブならではの数々の演出

 

放水!

爆発するかのような空中に舞い上がる水しぶきと、ゲスト出演のバニクルちゃん9人と、ジャムズ9人が会場内を練り歩きながら水鉄砲でS席をびしょびしょに!

 

会場を練り歩く

 

マイクを持ってジャムズのメンバーが目の前で歌う!

 

日が暮れる!

 

特に日が暮れた後の「サマーポップ』はよかった。胡音の歌い出し思い出しただけでビール3杯は飲めます。

この演出も、ちゃんと時間を見計らってる感があって、憎い演出。

 

 

特典会は透明のフェイスシールド!

いつもはマスクですが、この日の特典会は野外だったので、クリアのフェイスシールド。こういう細かい気づかいが本当に嬉しい!チェキ2枚買った!

 

 

 

特典会は2時間を覚悟していましたが、幸いにも1時間ほどで辿り着き、1枚目は新衣装全身のソロ、そしてお決まりになりつつあるポーズ『NewEraPunch!!』をお願いしました。

 

 

と、とにかく内容が盛りだくさんでした。

それにしてもジャムズは大阪でも熱かった!

 

ジャムズのワンマンライブでは「この場に立ち会えてよかった」と毎度ながら心から思うんですよね。

 

 

そして、初遠征。ソロで参戦したのですが、会場の一体感があって、まったく寂しさを感じない空気で良かった。

 

 

 

ジャムズのライブに関わっている全ての人に感謝しつつ、ファンとしてこれからも力強く応援していきたいと思います。